シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー
(メトラス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー

メトラス


薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー のオススメレベル

薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー の解析結果

これで育毛は、無理。


殺菌と高洗浄力による、凡庸で取り柄のないシャンプーの1つといえるでしょう。
ラウレス硫酸Naをベースとして、トリクロサンのような塩素系殺菌剤を配合し、メントールの刺激性も加わって肌負担の非常に強い製品に仕上がっているのが特徴です。

名称から連想するに、発毛目的で使われる方が多いシャンプーだと思いますが、
洗浄剤・肌刺激性・育毛効果ともに全く期待値が高くない、むしろ、逆効果ではないかと思わせるほどクオリティに問題がある一品です。

値段からしても、費用対効果は全くダメ。
単にシャンプーとしての品質も平均より下であり、頭髪を大事に思うならば進んで使うべきではないタイプの製品といえるでしょう。


[PR]

薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー の全成分:

有効成分
トリクロサン
その他の成分
精製水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ジステアリン酸エチレングリコール、N-ヤシ油脂肪酸アシル-N-カルボキシメトキシエチル-N-カルボキシメチルエチレンジアミン二ナトリウム、海藻エキス(1)、イチョウエキス、β-グリチルレチン酸、クロレラエキス、ゲンチアナエキス、モノラウリン酸ポリグリセリル、水素添加大豆リン脂質、オウレンエキス、塩化0-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、コハク酸ジエトキシエチル、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ジプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、塩化ナトリウム、常水、クエン酸、I-メントール、エタノール、エデト酸二ナトリウム、香料、安息香酸ナトリウム

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ココアンホジ酢酸2Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
イチョウ葉エキスは抗菌作用、抗アレルギー作用、収斂作用を付与。
β-グリチルレチン酸は腋臭の原因菌の1つと言われるコリネバクテリウムキセロシスに対して殺菌効果が高い成分です。
抗炎症・苦味の緩和作用も。
クロレラエキスはβ-カロチン、ビタミンB群などが多く含まれ、皮膚細胞活性化作用、保湿効果を与えます。
ゲンチアナ根エキスはフランスの山地に自生するリンドウ科の植物で、苦味の強い特性から食欲増進、発毛促進、消炎、皮膚活性化作用を付与。
オウレンエキスは抗炎症作用を付与。
メントールの清涼作用。
トリクロサンは塩素系の殺菌剤ですが、マウス実験の段階で筋力の低下を起こす現象がみられ、やや安全性に問題が懸念される成分。

    薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/340ml
  • 価格/6090円
  • 1mlあたり/17.91円

薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー の宣伝文,商品説明:

頭皮に優しく、髪サラサラのすっきりとした洗い上がり。
髪がきしみません。
過剰な皮脂、毛穴汚れだけを除去し、頭皮環境を正常化。
健やかな頭皮を保ちます。

[PR]
薬用 HG ヘアリバイタライジング シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム