シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ヘアーシーズンズ モイスチャー
(デミ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ヘアーシーズンズ モイスチャー

デミ


ヘアーシーズンズ モイスチャー のオススメレベル

ヘアーシーズンズ モイスチャー の解析結果

強力で過剰な脱脂力。


このタイプは必要以上に脱脂してしまい、髪にも頭皮にも負担の大きい内容です。

刺激性はやや抑えていますが、脱脂力がかなり高いのが特徴です。
それを忘れさせるような機能があるわけでもなく、平凡で使えない印象。


[PR]

ヘアーシーズンズ モイスチャー の全成分:


ラウレス−2硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸Na
コカミドプロピルベタイン
ココイルメチルタウリンNa
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン
コカミドMEA
ポリオキシエチレンセチルステアリルジエーテル
加水分解卵殻膜
アセロラエキス
ヒアルロン酸Na
ヒスチジン
フェニルアラニン
アスパラギン酸
アルギニン
セリン
トレオニン
アラニン
グリシン
バリン
イソロイシン
プロリン
PCA
PCA−Na
リンゴ酸
乳酸Na
塩化Na
ジステアリン酸PEG−150
メチルグルセス−20
PEG−7グリセリルココエート
ポリクオタニウム−10
ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
BG
DPG
EDTA−2Na
メチルパラベン
香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウラミドプロピルヒドロキシスルタインは低刺激性の両性界面活性剤で、起泡性の向上と洗浄中のコンディショニング効果を与えます。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
アセロラエキスはご存知の方も多いでしょう、赤く酸っぱいグミに似た果実エキスです。ビタミンC,有機酸が多く、美白、収れん作用にて肌を引き締めます。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスの汁から発見されたアミノ酸という由来を持ち、保湿、皮膚機能の代謝を活性化する作用。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
トレオニンはアミノ酸の一種で、保湿、肌機能の活性化を付与。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。

    ヘアーシーズンズ モイスチャー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/1600円
  • 1mlあたり/6.4円

ヘアーシーズンズ モイスチャー の宣伝文,商品説明:

こまやかな泡で、
うるおいのある洗い上がり

みずみずしくうるおいのある
洗い上がりで、
なめらかな髪のベースをつくります。

<特徴成分>
ヒアルロン酸Na(保湿成分)


根元のボリュームが気にならない方、
適度な洗浄力で洗い上げたい方に。

[PR]
ヘアーシーズンズ モイスチャー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム