シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー
(コーセー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー

コーセー


ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー のオススメレベル

ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー の解析結果

平凡か、それ以下。


洗浄剤が極めて安上がり、ただただ洗浄力が強いばかりで魅力なし。
もちろん、このシャンプーでハッピーバスデイになれるとは思えません。

最高ランクに近い脱脂力を持っているため、人間のバリアに大切な皮膚や髪の防御網を洗い落としてしまいます。

もう少し人間思いの製品を使って、肌や髪をいたわりましょう。


[PR]

ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココアンホジ酢酸2Na、ハチミツ、ローズヒップ油、BG、EDTA-2Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ジステアリン酸グリコール、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-39、ラウリルベタイン、塩化Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、安息香酸Na、香料、赤227

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
p39ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。

    ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.6

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/300ml
  • 価格/1080円
  • 1mlあたり/3.6円

ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー の宣伝文,商品説明:

ローズハチミツ(保湿)&ローズヒップオイル(エモリエント)配合のシャンプーです。
香りが持続し、豊かな泡立ちで毛先までなめらかな髪へ導きます。

[PR]
ハッピーバスデイ プレシャスローズ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム