シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
箸方シャンプー男子
(はしかた化粧品
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

箸方シャンプー男子

はしかた化粧品


箸方シャンプー男子 のオススメレベル

箸方シャンプー男子 の解析結果

マイルド感とスキンケアのシャンプー。


ベースは非イオン界面活性剤、ベタイン(両性),アラニン(アミノ酸)系と、非常にまろやかな構成ですが、
サリチル酸、ピロクトンオラミン、ハッカなど、
やや刺激や殺菌の側面もあるため、
必要のない人が使うと刺激や、逆に頭皮環境を乱してしまう可能性も。

意図としては、殺菌効果で体臭の原因となる菌の繁殖を抑え・・というところだと思います。

洗浄剤は比較的落ち着いていながらアミノ酸型の中では洗える方で、まずまず使用感は良いと思います。


[PR]

箸方シャンプー男子 の全成分:

水・ ヤシ油アルキルグルコシド・ コカミドプロピルベタイン・ ラウロイルメチルアラニンNa・ コカミドメチルMEA・ DPG・ 塩化Na・ ラウリン酸ポリグリセリル-10・ エチルヘキシルグリセリン・ エチドロン酸・ ユーカリ葉油・ グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・ BG・ 安息香酸Na・ グリチルリチン酸2K・ ココイルアルギニンエチルPCA・ サリチル酸・ ハッカ油・ ピロクトンオラミン・ 酸化MG・ ローヤルゼリーエキス・ アロエベラエキス-1・ アルニカ花エキス・ オドリコソウエキス・ オランダカラシエキス・ ゴボウエキス・ マツエキス・ セイヨウキズタエキス・ ニンニクエキス・ ローズマリーエキス・ ローマカミツレエキス

主な成分の解説をみるヤシ油アルキルグルコシド酒石酸Na、 ヤシ油アルキルグルコシドクエン酸2Naはとてもマイルドで目や肌に対する刺激が少なく、他の界面活性剤の刺激を緩和する目的で用いられます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
ユーカリ油はティートゥリーオイルをシャープにしたような香りで、ローズマリーにも似た香調。抗菌性、消臭・集中力アップ、眠気覚まし効果などを付与します。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。
サリチル酸 は防腐剤、ピーリング剤としての効果があり、イボ、ウオノメを除去する目的で医療でも使われます。
ハッカ油はすぅーっとした清涼感でおなじみ、さらに抗菌・消臭・集中力を高める効果を与えます。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
アルニカ花エキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制。
オドリコソウエキスはシソ科でタンニン、フラボノイドを含有するエキス。
収れん作用、抗炎症作用、肌荒れ改善、皮脂の過剰な分泌を抑制し、育毛作用を期待されます。
オランダカラシエキスは脱毛防止、血行促進作用を付与。
ゴボウ,サボンソウ,セイヨウオトギリソウ,セージ,トウキンセンカ,ホップ,レモンエキスは抗菌作用、リパーゼ活性阻害作用を付与。

    箸方シャンプー男子 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/350ml
  • 価格/800円
  • 1mlあたり/2.29円

箸方シャンプー男子 の宣伝文,商品説明:

以下の効果が期待できます。
フケ・かゆみを抑える
頭皮・毛髪を清浄にする
頭皮・毛髪をすこやかに保つ

[PR]
箸方シャンプー男子 2017 (c)シャンプー解析ドットコム