シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハーティハート ティートリーシャンプー
(株式会社イノチ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ハーティハート ティートリーシャンプー

株式会社イノチ


ハーティハート ティートリーシャンプー のオススメレベル

ハーティハート ティートリーシャンプー の解析結果

石鹸のようなさっぱり系でありながら低刺激処方のシャンプー。


抗炎症エキスといい、洗浄剤もとても低刺激でさっぱり洗い上げる好感度の高い設計です。
だからこそ、わずかながらカチオン界面活性剤を入れなくても十分いいのになぁ、と思ってしまいます。

ステアラミドプロピルジメチルアミンいるかなぁ?

ベースの洗浄剤だけでもコンディショニング効果を感じられるものですし、このシャンプーの方向性は明らかにスキャルプケアと見たのですが、
髪にもリンス効果を・・なんていう色気を出してしまった処方が最後に見られます。
低刺激成分ではあるのですが、方法はもっと色々あった中でそれか・・と思わせる一手です。
惜しい、そして、改良の余地が色々とあって期待したい一品です。


[PR]

ハーティハート ティートリーシャンプー の全成分:

水、ラウレスー3酢酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、BG、ケープアロエエキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキス、スギナエキス、カミツレエキス、シコンエキス、甘草エキス、ティートリー油、ラベンダー油、ホホバ油、トコフェロール,アスパラギン酸、クエン酸、ポリクオタニウム-7、ステアラミドエチルジエチルアミン、 トリオクタノイン、セテス-6、エタノール

主な成分の解説をみるラウレス-3酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ケープアロエエキスはアロイン、バルバロイン、多糖類を含有し、保湿、抗炎症、紫外線吸収、肌荒れの改善効果を付与。
ハマメリス葉エキスは穏やかな抗炎症作用を付与。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
スギナエキスはメラニン生成を抑制、代謝促進。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
シコンエキスは別名ムラサキ根エキスともいい、シコニン、アセチルシコニンを含有。高い抗炎症・抗菌性や、創傷治癒効果、ニキビの予防作用などを付与。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。

    ハーティハート ティートリーシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/260ml
  • 価格/2484円
  • 1mlあたり/9.55円

ハーティハート ティートリーシャンプー の宣伝文,商品説明:

制菌作用とデオドランド効果のあるティートリーをはじめ9種類の植物エキスを配合しました。
香りがよく、使うほどに髪が美しくなります。弱酸性タイプで、2度洗いするとよりシットリします。

[PR]
ハーティハート ティートリーシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム