シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハーブガーデン さくらの森シャンプー
(さくらフォレスト
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ハーブガーデン さくらの森シャンプー

さくらフォレスト


ハーブガーデン さくらの森シャンプー のオススメレベル

ハーブガーデン さくらの森シャンプー の解析結果

上品なエモリエント系シャンプー。


アミノ酸型洗浄剤を軸に、ペリセアも加え低刺激で仕上がりさっぱりなタイプの内容です。
洗浄剤としての質は結構高いものと見て差し支えありません。
その、ペリセアに加えヤシ油・ユチャ油・セリシン・ダイズタンパクといったあたりがコンディショニングなタッチを与えようという意図が見えます。

エキスの質は悪くないが、やや凡庸で効能は高くない。

ただ、全体を通して頭皮のケアという面では役に立つ製品といえます。
バランス感がよく、使用感・ダメージ毛対策もまずまず良い平均点の高い一品。

[PR]

ハーブガーデン さくらの森シャンプー の全成分:

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ヤシ油(V.C.O)、サクラ葉エキス、フムスエキス(フルボ酸)、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、セリシン、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダカラシエキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレ花エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ココアンホプロピオン酸Naはアミノ酸に近い構造の両性界面活性剤で、肌刺激性がとても低く、穏やかにコンディショニング効果を与えるソフトな洗浄剤。
ココイル加水分解ダイズタンパクKは適度な洗浄力と起泡性を持つアニオン界面活性剤で、皮膚や髪にハリ・コシ感と保湿性を与えます。
サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)は肌荒れ、抗炎症、美白作用を付与。
フムスエキスは海底から採れる珪藻土を原料としたエキスで、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を含有。皮膚代謝活性、ヒアルロン酸様の保湿効果、抗アレルギー作用を付与。
ユチャ油はアブラツバキの種子から抽出したオイルで、ベタつきのないしっとりした感触を与える。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
スイカズラエキスは抗炎症・収れん、保湿効果を示し、肌荒れ、キメを整え潤いのある肌を作る効果。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。

    ハーブガーデン さくらの森シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.6

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/4320円
  • 1mlあたり/14.4円

ハーブガーデン さくらの森シャンプー の宣伝文,商品説明:

100%天然由来のノンシリコンシャンプー。
流れた泡は全て自然に還ります。

[PR]
ハーブガーデン さくらの森シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム