シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ハーバルマイルドシャンプー
(ピヨコ 
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ハーバルマイルドシャンプー

ピヨコ


ハーバルマイルドシャンプー のオススメレベル

ハーバルマイルドシャンプー の解析結果

洗浄性は上品、スキンケアのシャンプー。


泡立ち上質、コンディショニング効果を感じ、しっとり感も感じられる構成です。
シルクがさらに指通りを演出し、エキス類はメリッサ、ウイキョウ、セイヨウノコギリソウ、セイヨウヤドリギエキスなど、
比較的上質な効能(抗菌・芳香・抗炎症・血行促進など)を付加しています。

尿素、米ぬかといった保湿剤も一過性ではなく深みのあるがあり、
まとまった印象のある良好な内容であると言えます。

値段的にはやや高く感じますが、500mlという容量を考えれば納得でしょう。
わりとシンプルな全成分数ですが、よく選ばれた成分で造られていると思います。


[PR]

ハーバルマイルドシャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、BG、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ベタイン、加水分解シルク、コメヌカエキス、カミツレ花エキス、セイヨウノコギリソウエキス、メリッサエキス、ウイキョウ果実エキス、セイヨウヤドリギエキス、ホップエキス、ポリクオタニウム-10、加水分解コラーゲン、フィチン酸、クエン酸、クエン酸Na、塩化Na、尿素、エタノール、銀

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。
コメヌカエキスは収れん作用、ヒアルロン酸分解酵素阻害効果による保湿効果。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
メリッサはクールでフローラル調の香り。強力な鎮静効果、抗炎症作用などを特徴とします。
ウイキョウ果実エキスは血行促進作用、保湿作用。
セイヨウヤドリギエキスは保湿、収れん作用を付与。
ホップエキスは抗酸化作用、抗菌作用、女性ホルモン様作用による育毛効果。また、メラノサイトを活性化させる作用があり、白髪の予防も期待されます。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
尿素(ウレア)は浸透性の保湿作用や、タンパク質を分解する働きを付与。固くなった角質に有効だが、ノーマルな肌には過度に角質を薄くし敏感肌に導く可能性も。

    ハーバルマイルドシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/3996円
  • 1mlあたり/7.99円

ハーバルマイルドシャンプー の宣伝文,商品説明:

天然ハーブエキスやシルクプロテインなどを配合した植物性シャンプーです。
頭皮や髪と同じ成分のアミノ酸からつくられました。髪に潤いを与えながら、
優しく洗い上げます。リンスは特に必要ありません。無香料、無着色。
ご家族皆様でお使いいただけます。

[PR]
ハーバルマイルドシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム