シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー
(クラシエ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー

クラシエ


ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー のオススメレベル

ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー の解析結果

珍しいほど低刺激タイプの市販品。


市販としては充分にマイルドな部類ではあるシャンプーで、ベースのタウリン系、両性、アミノ酸系などの洗浄剤が優しく肌を保護しながら洗います。
様々な洗浄剤を混合させている状態であり、刺激性はかなり低く、洗浄性のバランスはとても良い印象です。

ヒマワリ油が仕上がりに艶感、保湿効果を残し、全体の使用感の良さにさらなる好印象をのこしています。
洗浄剤、コンディショニング作用ともに一級品というレベルではないものの、バランス感覚の良さが印象的で悪くない製品だと言っていいでしょう。
強くオススメすることはありませんが、市販でマシなシャンプーはないものかと悩んだときは選択肢に入れて差し支えない程度に良い製品だと思います。


[PR]

ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー の全成分:

水,ココイルメチルタウリンNa,パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン,コカミドメチルMEA,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルサルコシンTEA,コカミドMEA,ジステリアン酸グリコール,ココイルグルタミン酸2Na,ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,ヒマワリ種子油,ヒマワリ種子エキス,ヒマワリ花エキス,ヒマワリ芽エキス,アセチルグルコサミン,グリセリン,塩化Na,ミリスチン酸,ココイルトレオニンNa,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ココイルグルタミン酸Na,クエン酸,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-49,ポリクオタニウム-7,エタノール,EDTA-2Na,安息香酸Na,香料,カラメル

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
メチオニンはイオウを含むアミノ酸で、皮膚、毛髪の成長促進作用。独特の臭いがあるので、香料によるマスキングが必要。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
ヒマワリ芽エキスはヒマワリの生長成分であり、エネルギーの産出を促して肌、表皮の代謝を活性化します。
ヒマワリ種子油はセラミドを誘導し、肌バリヤを改善する効果。
ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。
アセチルグルコサミンは代表的なアミノ酸であるグルコサミンのアセチル化された単糖で、キチンの構成成分。
ポリクオタニウム-49はメタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸PEG-9及び塩化メタクリロイルエチルトリメチルアンモニウムの共重合体で、皮膜形成とコンディショニング効果、指通りの改善作用を付与する。

    ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/972円
  • 1mlあたり/1.94円

ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー の宣伝文,商品説明:

35歳過ぎから感じるうねり、くせ、パサつきの原因となる“髪のゆがみ”をケアして、扱いやすく、素直でまとまりのよい髪へ導きます。

[PR]
ディアボーテ HIMAWARI OIL IN シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム