シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ホーネスト シルキーVシャンプー
(ラヴィドール
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ホーネスト シルキーVシャンプー

ラヴィドール


ホーネスト シルキーVシャンプー のオススメレベル

ホーネスト シルキーVシャンプー の解析結果

マイルドさと粗さが共存した製品


アミノ酸系洗浄剤を軸に置いて、一見マイルドタイプな処方に見せつつ、しかしオレフィン(C14-16)スルホン酸Naであるとか、パパインのようなピーリング系成分が皮膚に負担を与える内容です。

後にオレンジ油、乳酸も加わり、脱脂力とピーリング性は決して遠慮がちではない、しっかり効かせようという意志を感じる内容。
良く言えば肌のターンオーバーを早めてトーンアップを狙う、悪く言えば粗く、肌には不自然な力が加わることになる製品です。
値段の割高感もそうですし、中身のやや雑な手法もあまり好まれるタイプではないと見ます。


[PR]

ホーネスト シルキーVシャンプー の全成分:

シルク抽出液、ココイルメチルタウリンNa、オレフィンスルホン(c14-16)酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸トリエタノールアミン、パパイン、フムスエキス、フコイダン、ポリクオタヌウム10、グリセリン、エタノール、フェノキシエタノール、AG+、オレンジ油、乳酸

主な成分の解説をみるシルク抽出液は細胞修復作用、保湿作用、消炎作用、鎮痛作用。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
パパインはたんぱく質分解酵素で、たんぱく質のペプチド結合を切断し、アミノ酸に分解する。ピーリングで利用される。
フムスエキスは海底から採れる珪藻土を原料としたエキスで、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、フルボ酸を含有。皮膚代謝活性、ヒアルロン酸様の保湿効果、抗アレルギー作用を付与。
フコイダンはもずく、昆布、めかぶなどの海藻類に含まれる粘性成分で、保湿力が高い薄い膜を形成し、皮膚を保護、創傷治癒効果を付与。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
乳酸Naはグリセリンと同様に強い吸湿性があるので、保湿成分として乾燥を防ぎます。

    ホーネスト シルキーVシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/200ml
  • 価格/3024円
  • 1mlあたり/15.12円

ホーネスト シルキーVシャンプー の宣伝文,商品説明:

水を一切排除し、代わりにシルク抽出液を約70%配合したシャンプーです。
シルク抽出液は、ナノを超えてピコの超低分子ですから無理なく浸透。
髪と地肌に潤いとつやを与えると同時に修復、消炎作用などケアします。
シルク+植物由来成分が髪と地肌に浸透、ツヤとコシ、地肌を活性化しダメージケアにもすぐれています。
防腐剤は完全無添加です。

[PR]
ホーネスト シルキーVシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム