シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー
(大高酵素
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー

大高酵素


本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー のオススメレベル

本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー の解析結果

低刺激性をかなり重視した防腐剤もマイルドなしっとりシャンプー。


洗浄力はかなり控えめで、しっとり感が強いタッチとアロマ・フレグランスが特徴となっています。
中でも、ゆるい洗浄力を支える意味もあってかオレンジ油の清浄作用も期待したいところ。

使用感が非常にしっとりしていることと、防腐剤が緩いので長持ちはしないことを念頭に検討すべきでしょう。

ベースの洗浄剤はしっとり系でマイルドな洗い心地。
極めてマイルドなシャンプーをお探しの方で、しっとりしたタッチが苦ではなく、香りが良いものをお探しの方向けといえます。


[PR]

本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー の全成分:

水、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、ココアンホ酢酸Na、ラウリルグルコシド、塩化Na、(混合植物/白糖)発酵エキス、ベタイン、ローマカミツレ油、グリチルリチン酸2K、ホホバアルコール、クエン酸、チョウジエキス、オレンジ油、ラベンダー油、ゲラニオール、リナロール、ラウリン酸ポリグリセリル−2、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル−10、カプリン酸グリセリル、ポリクオタニウム−10、エタノール

主な成分の解説をみるコカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
(混合植物/白糖)発酵エキスは、50種類の野菜、果物、海藻、茸、木の芽などから、内容成分を浸透圧を利用して抽出し、約6ヶ月以上発酵熟成させた成分で保湿、抗菌、生理活性作用、抗酸化作用を付与。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ローマカミツレ花油はキク科ローマンカモミールから得た精油。ヨーロッパのリンゴに似たフルーティな香調。気持ちを落ち着かせ、リラクゼーション効果を与えます。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ホホバエステルは感触の良さとタッチのユニークさを楽しめる素材。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
オレンジ油は心地よい香りがリラックス効果を与えます。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。
ゲラニオールはバラの甘い香りを穏やかに含む精油の主成分で、パルマローザ油、シトロネラ油、ゼラニウム油に多く含まれる。
リナロール は植物の香りを構成する成分の1つで、ラベンダーやベルガモットの様な香調を持ち、リラックス作用、抗鬱作用、皮膚細胞活性作用、抗菌・抗ウイルス効果を付与します。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。

    本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/500ml
  • 価格/3024円
  • 1mlあたり/6.05円

本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー の宣伝文,商品説明:

指定表示成分はもちろん、化学合成成分、動物由来の成分未使用。
髪とお肌をすこやかに保つための50種類の植物をベースとした大高酵素エキスに加えて、天然アミノ酸系界面活性剤のベタイン配合の弱酸性シャンプーです。

[PR]
本物のオレンジの香り ナチュラルシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム