シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー
(P&G
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー

P&G


h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー のオススメレベル

h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー の解析結果

絶対にオススメしないタイプ、ダメ。


男性向けに作られたボリュームアップ用のシャンプーとの事ですが、激しい脱脂によって増える摩擦によるもの以外に、ボリュームアップする要素は見て取れません。
それ以前に、相も変わらずラウレス硫酸アンモニウム&ラウリル硫酸アンモニウムという強洗浄剤の2トップを採用し続ける神経を疑ってしまう。
無慈悲で、髪にも頭皮にもあまりに過激すぎる洗浄力は確信犯的な悪意を感じます。
使用感をごまかす目的でシリコーン配合。巷でノンシリコンがもてはやされる原因は、このシャンプーのようにダメ過ぎてどうしようもないものをシリコンでそれなりに見せようと誤魔化す手法が一時期流行ったから。
シリコン自体は無害で役に立つ便利な成分であるのに、悪い仲間に取り込まれたために罪をかぶることになった不幸な成分。
また、ジンクピリチオン液配合ですが、痒みやフケを抑えるどころか頭皮が荒れ、炎症を起こすユーザーが続出した経緯ももつ成分。
いまどきこんなもの入れるメーカーもレアですし、グリチルリチン酸2Kが主流の中であえての刺激物。
ベースの高洗浄・刺激2トップと合わせて考えると、ほんとに害を与えたい目的で作っているのかと思われても仕方ない品物ではないか。
いま日本で買えるシャンプーの中でも最大級にヤバい一品と考えて間違いありません。


[PR]

h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー の全成分:

有効成分:ジンクピリチオン液 その他の成分:ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液、ラウリル硫酸アンモニウム、塩化ナトリウム、ジステアリン酸エチレングリコール、高重合メチルポリシロキサン(1)、セタノール、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、香料、塩化O-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)グァーガム、クエン酸ナトリウム、α-オレフィンオリゴマー、安息香酸ナトリウム、トリ(カプリル・カプリン酸)トリメチロールプロパン、無水クエン酸、ベンジルアルコール、メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液、キシレンスルホン酸アンモニウム液、精製水

主な成分の解説をみるジンクピリチオンは有機亜鉛錯体で、抗菌作用や防腐剤として使われる。主に、抗フケ剤として化粧品に用いられる。
ラウリル硫酸アンモニウムは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
セタノールはセチルアルコールとも呼ばれるパーム・ヤシ油由来の飽和高級脂肪酸(要するに、脂です)。乳化物の安定性を高める効果が優れ、過脂肪剤、油性基剤として用いられます。
α-オレフィンオリゴマーは無色透明の合成炭化水素。感触がスクワランと似ている油性成分。
安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロパンは保湿作用を与える閉塞剤。

    h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:0.9
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/520ml
  • 価格/1008円
  • 1mlあたり/1.94円

h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー の宣伝文,商品説明:

独自の『地肌と髪リバイタル処方』が、過剰な皮脂を取りながらも、
必要な潤いは残し地肌ストレスを取り除く男性用シャンプーです。
髪にハリとボリュームを与えながらもきしみません。医薬部外品。

[PR]
h&s(エイチアンドエス)フォーメン 薬用ボリュームアップシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム