シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
「太髪」コラーゲンシャンプー シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

「太髪」コラーゲンシャンプー

有限会社ルウ研究所

「太髪」コラーゲンシャンプー シャンプー解析ドットコム

「太髪」コラーゲンシャンプーの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激レベル
★★
☆☆☆
しっとり感:〇
さらさら感:△
ダメージ補修力:△
健康毛適性:△
さっぱり感:X
ハリコシ補修度:X
1mlあたり6円
(「太髪」コラーゲンシャンプー)300ml/1890円

「太髪」コラーゲンシャンプーの解析結果

まずは、宣伝文で堂々と「発がん性の高い成分ではなく、ヤシの実洗浄成分」を使っていると謳っていますが、
現在はその危険性(発がん性)が実は高くないことがわかったラウリル硫酸Naでさえ、「ヤシの実由来」の洗浄剤です(ですが肌と髪には間違いなく悪いですが)。
この時点でいかがわしい度MAXな製品ですが、
内容はと言えば加水分解コラーゲンをベースに、ココイルグルタミン酸K、コカミドプロピルベタインと、
アミノ酸+両性界面活性剤+コラーゲンという構成。

ほぼそれ以外は目立った成分がありませんから、シンプルこの上ない中身といえます。
コラーゲンが高濃度とはいえ、特に肌や髪へ吸着しやすい形でもなく、水溶性なのですすぎでどれだけ残るか期待できない程度といえます。
グルタミン,ベタインの洗浄剤は「洗う」という力が弱く、よく言えばマイルドですが、悪く言えば洗った気がしない。
中途半端にさっぱり感は残そうとしていますが、何につけても中途半端でリアクションに困るタイプです。
低刺激といえば低刺激でしょうが、コラーゲン自体も例えばサクシニルアテロコラーゲンのような低アレルギー型ではないので、
特別これが安全とも言えません。
見所もとくにない一品です。

「太髪」コラーゲンシャンプーの宣伝文,商品説明:

シャンプー類には発ガン性の高いといわれている成分ではなく、ヤシの実洗浄成分を使っています。
また、泡立ちを良くするための発泡剤を加えていません。

シンプルに仕上げていますので、必ずナノコラーゲンリンスをお使い下さい。髪にはコラーゲンが必要です。
☆浸透性に優れたダイポール活性水で抽出したコラーゲンは、傷んだ髪の毛のキューティクルを修復し、コシと潤いを与えます。
☆パラベン無添加、無着色で安心してお使いできます。
☆フローラルフルーティーのほのかな香りがします。 ナノ低分子コラーゲンを高濃度配合!
髪頭皮にやさしい自然系、髪が傷ついている方へ

「太髪」コラーゲンシャンプーの全成分:

ダイポール活性水(基材)、加水分解コラーゲン(保湿成分)、ココイルグルタミン酸カリウム(アミノ酸系洗浄成分)、コカミドプロピルベタイン(アミノ酸系洗浄成分)コカミドDEA(アミノ酸系洗浄成分)、グリセリン(保湿成分)、ポリクオタニウム-10(コンディショニング成分)、フェノキシエタノール(抗菌剤)、クエン酸(PH調整剤)、香料(フローラルフルーティー)