シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー)
(バン インターナショナル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー)

バン インターナショナル


イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) のオススメレベル

イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) の解析結果

酸性せっけんベース。


エタノールはエキスの溶液用と思われる。
非イオン界面活性剤、オレフィン、ベタイン、メントールと続く。
洗浄力はこのシリーズでは結構高めな方。
エタノール配合が多いことで、油を溶かす能力もアップするため洗浄力は成分名以上にある。
刺激緩和としての非イオン界面活性剤などで頭皮に直接ぶつかるダメージは少ない。
サンショウエキスは白髪防止効果が実験で確認された成分。
ヒノキチの抗菌効果。
いかにも頭皮系らしい処方。

しかし、これでもし薄毛予防を!なんて思って使ってもまず効果はない。

若干洗浄力が強いし、刺激緩和はされているがとくに有効な成分があるわけでもない。


[PR]

イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) の全成分:

水、ラウレス-6酢酸Na、エタノール、パーム核脂肪酸アミドDEA、ラウリルグルコシド、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウリルベタイン、メントール、サンショウエキス、チョウジエキス、ティーツリー油、ハッカ油、パパイン、ヒノキチオール、ポリクオタニウム-10、PEG-40水添ヒマシ油、乳酸、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるラウレス-6酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
メントールの清涼作用。
サンショウエキスは山椒の実から得たエキスで、血行促進、抗菌、防腐、収れん作用を付与します。また、頭皮に刺激を与えることにより育毛効果も。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
パパインはたんぱく質分解酵素で、たんぱく質のペプチド結合を切断し、アミノ酸に分解する。ピーリングで利用される。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

    イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/5292円
  • 1mlあたり/10.58円

イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) の宣伝文,商品説明:

髪と頭皮の汚れを効率良く、しっかり取るシャンプー。
天然メントール成分のはたらきで、洗いあがりはスッキリ爽快!なのに、低刺激性で頭皮にやさしい!
ふんわりと軽いサラサラとした髪に仕上げます。

ミネラルイオン活性水使用
天然ミネラルと超微粒子の水の力で、すばやく浸透します。

保湿、キューティクル引締め、毛髪保護などの作用がある植物原料を配合しています。
(サンショウエキス、チョウジエキス、ティーツリー油、ヒノキチオール)
リンスは必要ありません。
旧指定成分は含まれておりません。

[PR]
イオニート Tシャンプー(トニックシャンプー) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム