シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
イプラン パフェシャンプー 
(イプラン
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

イプラン パフェシャンプー

イプラン


イプラン パフェシャンプー のオススメレベル

イプラン パフェシャンプー の解析結果

シンプルに洗うことに関してはまずまずのシャンプーです。


洗浄剤は脱脂力がやや強め、海泥も加わってクレンジング系シャンプーという特徴となっています。
一般的な安易なシャンプーより少しマシですが、コンディショニング効果決して高くありません。

また、石油系界面活性剤、高級アルコール系界面活性剤を使用せず、と謳っているわりに、スルホコハク酸ラウレス2Na、ジステリアン酸PEG-150あたりの石油感はどう説明されるのでしょうか。
そして、アミノ酸型シャンプーと謳っているわりに、ベースが全くアミノ酸型ではないスルホコハク酸ラウレス2Naというのは、看板に偽りありと見られても仕方ないように感じます。

確かにココイルグルタミン酸TEAやラウロイル加水分解シルクNaのようなアミノ酸系界面活性剤は含まれますが、どう見ても脇役であり、添加成分という位置づけです。
決してクレンジングシャンプーとしては悪くはありませんが、あくまでもコストパフォーマンスを第一に意識した処方ですし、一級品の素材ではありません。
そこそこのレベルの、バランスのよいシンプルな洗浄シャンプーであり、スキンケア要素やヘアケア要素は極力省いてコストダウンさせた、というのが実際のところだと思います。


[PR]

イプラン パフェシャンプー の全成分:

水・スルホコハク酸ラウレス2Na・ラウラミドDEA・ココイルグルタミン酸TEA・ラウリルベタイン・ポリクオタニウムー10・ラウロイル加水分解シルクNa・ジステアリン酸PEG-150・メチルパラベン・安息香酸NA・モロッコ溶岩クレイ・プロピルパラベン・香料・DPG・酸化NA・BHT・ヒドロキシアニソール

主な成分の解説をみるスルホコハク酸(C12-14)ラウレス2Naは高い洗浄力と泡立ち力で、生分解性が良い点が特徴のやや低刺激洗浄剤。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ラウロイル加水分解シルク酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。

    イプラン パフェシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/260ml
  • 価格/1404円
  • 1mlあたり/5.4円

イプラン パフェシャンプー の宣伝文,商品説明:

また、石油系や高級アルコール系界面活性剤は使用せず、アミノ酸、コハク酸、ベタイン系を使 用しているため、髪や地肌にやさしく、しかもしっかり洗い上げます。イプランパフェトリート メントと併用することでより効果が期待できます。

[PR]
イプラン パフェシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム