シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
IPSシャンプー(IPSコスメティックス) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

IPSシャンプー

IPSコスメティックス

ips-sm

IPSシャンプーの格付け

★★★★

皮膚刺激/薄毛リスク
☆☆☆☆
しっとり感: 〇
さらさら感: △
ダメージ補修力: △
健康毛適性: ◯
敏感肌適性: 〇
さっぱり感: △
コシを出す感: X
まとまり: 〇
1mlあたり18 円
250 ml/4515 円

IPSシャンプーの解析結果

アロマティックで抗酸化チックな作りの大人なシャンプー。


マイルドな洗浄性に、複雑でリラクシングなアロマの香り。
高い抗酸化性を背景に、大人向けで上品な使用感が特徴。

成分を見ていくと、
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。

ベースの洗浄剤はとてもマイルドで、しっとり感を感じる作りになっています。
その他の成分をピックアップすると、
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
チオクト酸は別名 α-リポ酸。細胞内ミトコンドリアに存在し、細胞の呼吸やエネルギー産生に欠かせない成分。化粧品では、美白・美肌・皮膚代謝改善効果・脂質代謝促進効果を付与。
フランスカイガンショウ樹皮エキスは有効成分ピクノジェノールを含有。皮膚から浸透し、コラーゲン、エラスチンと結合して保護する作用、抗菌・抗酸化・抗ニキビ・抗炎症作用を付与。
白金・銀は抗酸化作用の触媒として働き、永続的に活性酸素を除去、また消臭効果も付与。
加水分解カゼインは牛乳や豆類に含まれる複合タンパク質で、増粘、懸濁、乳化補助、柔軟剤として配合される。
アスタキサンチンはβ-カロテンの40倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用をもつ。数少ない血液脳関門を通過する抗酸化物質。
イランイラン花油は濃厚で甘さの強い香りが特徴。リラックス効果、官能的な気分を高める効果など心理的な作用の優れるオイルです。
アオモジ果実油はレモンに似た香りの精油で、殺菌・抗炎症作用・クレンジング作用が高くリラックス効果を与える爽やかな香り。
パルマローザ油はゼラニウムを穏やかにしたような柑橘系の香りが特徴で、気分リフレッシュ効果、鎮静効果を与えます。
ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。
プチグレン油はビターオレンジの木の葉小枝から抽出した精油。ネロリのようなシトラス調にウッディーの香りがミックスされ、リラックス効果を与える効果。ネロリの代用品としても使われます。
ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムとして知られ、ミントを含んだようなバラの香りが特徴。
精神高揚作用や皮脂コントロール機能を持ち、すべての肌のタイプに良い影響を与えると言われています。
マヨナラ油はマジョラム油と呼ばれるシソ科の精油で、甘くわずかにスパイシーな香りがリラックス効果を与え、創傷治癒促進、抗菌作用も付与します。

まとめると、
汚れよりも、頭皮からストレスを洗い落とすようなシャンプーといえるでしょう。
酸化ストレスを高レベルで除去し、アロマのリラクシング作用で安らぎを与え、洗浄性は極めてマイルドでしっとりと上質。

これは楽しむためのシャンプーと言っても過言ではなく、質の良さ、香調を味わいたい大人向けの一品です。

IPSシャンプーの宣伝文,商品説明:

洗浄成分にアミノ酸系成分をたっぷりと配合することで実現した、ジェルタイプのエイジングケア・シャンプーです。
汗や皮脂汚れはもちろん、紫外線や環境ダメージまで。
クリームのようにきめ細かな泡で包み込み、すっきりと洗い流します。

IPSシャンプーの全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、ポリクオタニウム-10、ソルビトール、オレイン酸ポリグリセリル-10、水酸化Na、ポリソルベート20、レスベラトロール、チオクト酸、フランスカイガンショウ樹皮エキス、白金、銀、加水分解カゼイン、アスタキサンチン、イランイラン花油、アオモジ果実油、パルマローザ油、ローマカミツレ油、プチグレン油、ニオイテンジクアオイ油、マヨナラ油、メチルパラベンNa、フェノキシエタノール