シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク
(クアンタムラボラトリーズ株式会社
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク

クアンタムラボラトリーズ株式会社


【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク のオススメレベル

【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク の解析結果

安物にちょっと色をつけた程度


セラミドがあろうが、浸透油剤がタッチを改善しようが、安っぽい洗浄剤の質はごまかしきれません。
わずかでもこだわりがあるなら、このクオリティの洗浄剤を選ぶことはありえないでしょう。

それくらい、市販の安物と同等か、それ以下の残念チョイスであります。
ラウレス硫酸Naやコカミドプロピルベタインというおなじみに加え、ココイルグリシンKというアルカリ寄りを好む成分がまた悪い。
これでは、せっかくのバリア成分やコンディショニング成分の良さをかき消すようなもので、全くNG。


[PR]

【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、香料、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、クレアチン、加水分解ケラチン、セラミド1、セラミド3、セラミド62、フィトスフィンゴシン、ココイルグリシンNa、EDTA-2Na、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、イソプロパノール、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、クエン酸、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、コレステロール、カルボマー、ラウロイル乳酸Na、キサンタンガム、カラメル、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
セラミド1、3、6-2、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイル乳酸Naはヒト皮膚細胞間脂質と同じ組成で、水中でラメラ層を形成する安定型セラミド。
フィトスフィンゴシンはセラミドの構造から脂肪酸を除いたもので、セラミドより吸収率が高く、遊離脂肪酸、脂質バリヤの構造に似ているセラミドの前駆体。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(ネオソリュー アクリオ)は毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。
[PR]
【ISM】サロンクオリティーシャンプー パッショネイトピンク 2017 (c)シャンプー解析ドットコム