シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツ(ティー・アンド・エイチ) シャンプー解析ドットコム
[スポンサーリンク]

ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツ

ティー・アンド・エイチ


ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツの格付け

★★
☆☆☆

皮膚刺激/薄毛リスク
★★
☆☆☆
しっとり感:△
さらさら感:△
ダメージ補修力:X
健康毛適性:△
敏感肌適性:X
さっぱり感:〇
コシを出す感:X
まとまり:△
1mlあたり3 円

ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツの解析結果

洗浄剤に関しては、全くサロンクオリティーとは言えないレベル。


ごくありふれた安上がりなシャンプーの典型で、添加剤にセラミドを始めとした多少見所のあるところがありますが、
かなり粗い洗浄性と泡立ちで、質の高い仕上がりとは程遠いものとなるでしょう。

セラミドや冷ロベール.ヒマワリ種子エキスなどは毛髪の仕上がりにほどよい補修を与えますが

そのクオリティーとしては、さほど高いものとは言えません。
平均よりやや落ちるシャンプーと言えるでしょう。


主な成分の解説

ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムヒアロベールと呼ばれるカチオン化ヒアルロン酸で、すすいでも落ちにくい特性を持った保湿作用を付与します。
クレアチンは毛髪内のイオン結合数を増加させる作用で毛髪のハリ・コシを増強させます。
セラミド1はN-フィトスフィンゴシンで、細胞間脂質の結合を強化する。ユニークな構造を持ち、皮膚の弾力性や抗シワ、乾燥肌の改善効果を与える。
セラミド3はN-ステアロイルフィトスフィンゴシンという名称で、とくに皮膚角層の保湿性を維持するセラミドの一種です。
セラミド6,2 (N-2-ヒドロキシステアロイルフィトスフィンゴシン)は、構造中にピーリング効果を持つAHAを結合させており、皮膚の代謝を促進し、皮膚を滑らかにする効果があるセラミド。
ココイルグリシンNaはアミノ酸系洗浄剤の一種。アルカリ性を好み、弱酸性ではほとんど泡立ちもしない。アミノ酸系では最も刺激性があり、さっぱりした仕上がりだが肌には少々負担。
シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールは毛髪への有効成分の浸透促進、優れた感触改善効果、高い安定性を持つ安全性の高い油剤です。

ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツの全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、塩化Na、コカミドプロピルベタイン、香料、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、ヤシ油、ヒマワリ種子エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、クレアチン、加水分解ケラチン、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、フィトスフィンゴシン、ココイルグリシンNa、EDTA-2Na、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、イソプロパノール、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、クエン酸、シクロヘキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、コレステロール、カルボマー、ラウロイル乳酸Na、キサンタンガム、カラメル、フェノキシエタノール、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、オクチルドデカノール、水添ココグリセリル

ISM サロンクオリティー シャンプー シュガーココナッツの宣伝文,商品説明:

夏の紫外線による乾燥から髪を守り、傷んだ髪を集中ケアするシャンプーしっとりタイプです。
ヒマワリ種子エキス配合。泡立ちの良いキメ細かい泡が髪の毛についたスタイリング剤や毛穴に詰まった汚れまでしっかりオフします。
保湿成分の浸透を助け、パーマヘアやブリーチヘアも、高貴な宝石のように輝く潤い髪へ導きます。贅沢なほどに甘くとろける濃厚なシュガーココナッツの香り。