シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー
(クラシエ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー

クラシエ


いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー のオススメレベル

いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー の解析結果

市販で、この価格としては健闘しているが


やはりベース洗浄剤は(最悪ではないものの)刺激性を考慮すれば良い選択肢とはいえません。
どちらかと言うと使用感を重視したチョイスのように感じます。

添加成分のコメエキス、サクラエキス、ムクロジ、ツバキなどの抗酸化作用や保湿作用、清浄作用がクオリティを高めていますが、
品質にこだわりたい、低刺激性を重視したいといった方には向かないタイプ。


[PR]

いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー の全成分:

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、コカミドMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、アンズ核油、チャ花エキス、イノシトール、コメヌカエキス、コメエキス、コメ胚芽油、サッカロミセス/コメヌカ発酵液エキス、サクラ葉エキス、ツバキエキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、ミリスチン酸、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム‐49、ポリクオタニウム‐10、ポリクオタニウム‐7、エタノール、BG、デキストリン、EDTA‐2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

主な成分の解説をみるラウロイルサルコシンTEAは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
アンズ核油は杏仁豆腐にも使われる甘い香りのオイルで、エモリエント効果を付与するオイルです。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
イノシトールは米ぬかの中のフィチンから抽出された成分で、ビタミンBの一種として抗シワ、皮脂抑制、保湿作用を持ちます。
コメエキスは黒米玄米由来のエキスで、含有するアントシアニン、ポリフェノールにより美白、美肌、白髪染め効果、眼精疲労軽減、抗糖尿病、抗酸化作用を付与。
サクラ葉エキス(ソメイヨシノ葉エキス)は肌荒れ、抗炎症、美白作用を付与。
センキュウエキスはセリ科センキュウのエキスで、リグスチライド、ブチルフタライドを有効成分として含み抗菌・抗炎症、血流促進、美白作用を付与。
コメヌカ発酵液はコメヌカを酵母や麹、乳酸菌で発酵熟成して得たもので、セラミド合成の促進や保湿作用、肌荒れ防止効果が確認されています。
ヒオウギエキスはイソフラボンを含有し、女性ホルモン様作用、美白作用、抗老化作用を付与。
ポリクオタニウム-49はメタクリロイルエチルベタイン、メタクリル酸PEG-9及び塩化メタクリロイルエチルトリメチルアンモニウムの共重合体で、皮膜形成とコンディショニング効果、指通りの改善作用を付与す
[PR]
いち髪 濃密W保湿ケアシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム