シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジルスチュアート リラックスシャンプー
(ジルスチュアート
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ジルスチュアート リラックスシャンプー

ジルスチュアート


ジルスチュアート リラックスシャンプー のオススメレベル

ジルスチュアート リラックスシャンプー の解析結果

エモリエントでバランスのよい構成


しっとり、マイルドなタッチでありながら、泡立ちはほどほどに良く、アンチエイジング効果、保湿効果といったおまけ付きの使用感良いシャンプーです。
一番は低刺激であるということと、たっぷりのエモリエント感。リラックスというネーミングも頷けるのであります。


単に肌にやさしい、というだけのシャンプーではなく、しっかりとハンドリングの良さを重視している点が好感を持てます。
値段、クオリティ、効能といったバランスが良く、コストパフォーマンスも悪くありません。


[PR]

ジルスチュアート リラックスシャンプー の全成分:

水・ココイルメチルタウリンNa・コカミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・コカミドDEA・ココアンホ酢酸Na・クエン酸・香料・アンズ核油・ゴレンシ葉エキス・トコフェロール・ハチミツ・マドンナリリー根エキス・加水分解コンキオリン・BG・EDTA-2Na・PG・エタノール・オレイン酸フィトステリル・グリセリン・ココイルグルタミン酸TEA・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル・ポリクオタニウム-10・リンゴ酸・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
アンズ核油はオレイン酸、リノール酸を多く含むエモリエントな感触のオイル。
ゴレンシ葉エキススターフルーツの葉から抽出したエキスで、コラーゲン産生促進、コラーゲン保護作用、美白作用といった抗老化作用を付与。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
マドンナリリー根エキスは線維芽細胞増殖促進作用。
加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。
<> ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
適度に

    ジルスチュアート リラックスシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.4

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2200円
  • 1mlあたり/7.33円

ジルスチュアート リラックスシャンプー の宣伝文,商品説明:

ふんわりとした泡で頭皮の汚れまでつつみこみ、余分な皮脂を落として健やかな頭皮環境を整えます。 
ノンシリコンタイプ。

[PR]
ジルスチュアート リラックスシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム