シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジンジャーエイジシャンプー
(アメニティコーポレーション
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ジンジャーエイジシャンプー

アメニティコーポレーション


ジンジャーエイジシャンプー のオススメレベル

ジンジャーエイジシャンプー の解析結果

悪くないが、平凡のわりに明らかに割高。



エキス類には一定のクオリティの高さを感じますが、
とても高額な値段を付けられるほどの製品とはいえません。

洗浄成分は、強い泡立ちと洗浄力を持ち、やや刺激緩和されているものの決してエレガントとはいえないレベルの洗浄剤です。

もし、美容液であるならばある程度評価できるエキス類で設計されていますが、

シャンプーとなった時に、やや粗めに感じる洗浄剤であったり、エキス類の質の良さを活かせない、バランスの悪さを感じさせる内容となっています。

評価としては、凡庸というレベルといっていいでしょう。


[PR]

ジンジャーエイジシャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、DPG、クエン酸、乳酸Na、ブドウつるエキス、カキタンニン、香料、BG、塩化Na、シクロデキストリン、ショウガ根茎エキス、カンゾウ根エキス、サンザシエキス、ドクダミエキス、ココアンホ酢酸Na、エタノール、ポリクオタニウム-10、ウワウルシ葉エキス、トレハロース、グリセリルグルコシド、イガイグリコーゲン、ブドウ葉エキス、グリセリン、マンニトール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ブドウつるエキスはぶどうに含まれるポリフェノールの一種レスベラトロールを含有。優れた抗酸化力を持ち、人間の長寿遺伝子(サーチュイン)に関与して若さを保つ可能性がある注目の成分。
カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を持つ。
ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。
甘草エキスはグリチルリチンを含有する抗炎症エキスで、優れた消炎、刺激緩和作用を付与。また、グラブリジンによる美白作用も与えます。
サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。
ドクダミエキスは抗酸化作用、収れん作用、抗菌作用、抗アレルギー作用。
ウワウルシ葉エキスアルブチンを含有する美白、色素沈着抑制成分。
イガイグリコーゲンはムラサキガイ(ムール貝)から抽出したグリコーゲン(高分子多糖体)で、上皮細胞の修復、保護、代謝促進、活性化、保湿効果を付与。
ブドウ葉エキスは保湿・抗酸化作用。

    ジンジャーエイジシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/4212円
  • 1mlあたり/8.42円

ジンジャーエイジシャンプー の宣伝文,商品説明:

主成分であるショウガエキスが頭皮の脂を取り除き、
レスベラトロールの効果により根元より髪が立ち上がり、地肌の引き締めも期待できます。
頭皮の臭いにも。

[PR]
ジンジャーエイジシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム