シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ユント シャンプー ライト
(デミ(DEMI)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ユント シャンプー ライト

デミ(DEMI)


ユント シャンプー ライト のオススメレベル

ユント シャンプー ライト の解析結果

ニュアンスは悪くないシャンプーです。


ラウレス-4酢酸Na(酸性石けん)+ココイルメチルタウリンNa(アミノ酸系界面活性剤)がメインで、
非常にさっぱりとした使用感と低刺激が特徴のベース。

さらに、両性界面活性剤のラウリルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルアスパラギン酸Na(いずれもアミノ酸系界面活性剤)と続いて、
いずれもさっぱり系であることから使用感は石けんのようにべたつきをほとんど残さない構成といえます。

これは悪くないタッチです。

続いてセラミド2が肌のバリヤ成分で、加水分解ヒアルロン酸はあまり保湿性を発揮できませんが、
フィトステロール、卵殻膜、ケラチンと、保湿成分、ハリコシ成分が髪のコンディションをアップさせます。

続いてピロクトンオラミン。これは殺菌剤でとくに真菌対策に使われる成分でありますが、
すなわち殺菌が必要でない方にとってはこのシャンプーが刺激性を懸念しなくてはならない一品ということになります。
刺激性のみならず、頭皮の常在菌のバランスを乱すリスクを負わなければなりません。
健常な頭皮の方にはライトな洗い心地とは言えませんね。

以下は微量ですが、ラウロイルメチルアラニンNaは洗浄剤ですが、コンディショニング効果も有するため、
やや手触り改善も見込めます。

その他、非イオン界面活性剤、リンゴ酸といった配合です。

総合的には、
申し分ないベースでありながら殺菌という性質を持たせている点がやや使う人を選ぶかと見ます。
サトウキビエキスのピーリング作用は、問題にならない程度ではありますが、
皮膚に対してやや”攻め”の成分が意外と多いな、と見ました。
全体的にマイルドさに欠ける処方で、あまり魅力的とは言えない製品です。


[PR]

ユント シャンプー ライト の全成分:

水 ラウレス-4カルボン酸Na ココイルメチルタウリンNa ラウリルベタイン ラウロイルサルコシンNa ラウロイルアスパラギン酸Na セラミド2 加水分解ヒアルロン酸 PEG-30フィトステロール サトウキビエキス グリチルリチン酸2K 加水分解卵殻膜 加水分解ケラチン(羊毛) ピロクトンオラミン ラウロイルメチルアラニンNa ラウラミドプロピルベタイン デシルグルコシド コカミドMEA ジステアリン酸PEG-150 リンゴ酸 ポリクオタニウム-10 BG DPG PPG-4セテス-20 EDTA-2Na 塩化Na エタノール メチルイソチアゾリノン メチルクロロイソチアゾリノン 香料

主な成分の解説をみるラウレス-4カルボン酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
サトウキビエキスイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。
ピロクトンオラミンは細菌、酵母、カビ類に優れた抗菌効果を発揮。pH領域は幅広く、抗フケ剤として有効成分に使われています。
安全性は確認されているが、常在菌のバランスを崩すこと懸念も。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。
[PR]
ユント シャンプー ライト 2017 (c)シャンプー解析ドットコム