シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ユント シャンプー モイスト
(デミ(DEMI)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ユント シャンプー モイスト

デミ(DEMI)


ユント シャンプー モイスト のオススメレベル

ユント シャンプー モイスト の解析結果

質は悪くないが、ぼやけている。


1つ1つの成分は決して悪くない、むしろ歓迎といえるものもあるわけですが、
まろやかになりすぎて個性がないという印象。

デミというメーカーならではのマイルドさはありますが、おとなしく、これといった印象が残りにくい。
肝心の「モイスト」感も傑出した効果はなく、タッチがそう感じさせる程度。


[PR]

ユント シャンプー モイスト の全成分:

水 グリセリン コカミドプロピルベタイン ココイルメチルタウリンNa ラウロイルメチルアラニンNa ラウラミドプロピルベタイン ラウロイルサルコシンNa ラウレス-4カルボン酸Na ココイルグルタミン酸Na セラミド2 加水分解ヒアルロン酸 PEG-30フィトステロール サトウキビエキス グリチルリチン酸2K 加水分解卵殻膜 加水分解コラーゲン デシルグルコシド コカミドMEA セテアレス-60ミリスチルグリコール リンゴ酸 ポリクオタニウム-10 BG DPG PPG-4セテス-20 EDTA-2Na エタノール メチルイソチアゾリノン メチルクロロイソチアゾリノン 香料

主な成分の解説をみるグリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウロイルサルコシンNaは、アミノ酸系とは言えないほど洗浄力が強く、かつ刺激性が懸念される洗浄剤。石けんのような沈着性があり、脱脂力が過剰・刺激性があり、感触も悪い成分。
ラウレス-4カルボン酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココイルグルタミン酸Na皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
セラミド2は皮膚の角層や毛髪に多く含まれるセラミドで、特に,毛髪で88%の構成比を占める。
サトウキビエキスイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
セテアレス-60ミリスチルグリコールは増粘性と泡安定性の付与。
[PR]
ユント シャンプー モイスト 2017 (c)シャンプー解析ドットコム