シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
純薬 スキャルプクリア シャンプー
(ジュン・コスメティック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

純薬 スキャルプクリア シャンプー

ジュン・コスメティック


純薬 スキャルプクリア シャンプー のオススメレベル

純薬 スキャルプクリア シャンプー の解析結果

名称に違わずスキャルプ(頭皮)をクリアにするという趣旨のシャンプーです。


泡質はソフトですが洗浄力は高く、刺激性が懸念される部分が随所に見受けられる駄作です。
見どころなく安物であるという以外に特徴がない一品ですので、非オススメ品となります。

ベースの洗浄剤はとても強力で泡立ち、脱脂力共に高く設定されております。
単に脱脂をしすぎる安物のシャンプーに過ぎず、頭皮の健康を思うなら避けるべき選択肢といえるでしょう。
若干まともに思えるのは泡質のみ。内容的には駄作の部類といえます。


[PR]

純薬 スキャルプクリア シャンプー の全成分:

水、コカミドDEA、PG、(C-12,13)パレス-3硫酸Na、ココイルサルコシンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、チャエキス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ヒノキチオール、カミツレエキス、アロエベラエキス、グリセリン、クエン酸、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ポリクオタニウム-10、PPG-30ステアレス-4、エタノール、塩化Na、フェノキシエタノール、BG、EDTA-2ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、エチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるコカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
(C12、13)パレス-3硫酸Naは耐硬水性、水への溶解性に優れたキメの細かいソフトな泡の洗浄剤。高い洗浄力、脱脂力が特徴。
ココイルサルコシンNaはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
チャエキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。
オタネニンジンエキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、育毛作用。
ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。
カミツレエキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
アロエベラエキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。
フェノキシエタノール、パラベン類で防腐を、EDTAでキレート効果を付与しています。
[PR]
純薬 スキャルプクリア シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム