シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジュレーム シャンプー (モイストリペア)
(コーセー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ジュレーム シャンプー (モイストリペア)

コーセー


ジュレーム シャンプー (モイストリペア) のオススメレベル

ジュレーム シャンプー (モイストリペア) の解析結果

ちゃんちゃらおかしい宣伝文句。


ラウレス硫酸Naフリーといいながら、ほとんど同じ特徴のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naをベースに据える厚顔。
ペリセアが微量ながら刺激緩和を期待させることが救いですが、全体を通してクレンジングシャンプーであるという以外に印象が残らず、
モイスト感もリペア感もないのであります。


[PR]

ジュレーム シャンプー (モイストリペア) の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、アーモンド油、アセロラエキス、アルテア根エキス、カニナバラ果実エキス、クロフサスグリ果実エキス、シャクヤク根エキス、トルメンチラ根エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ヒノキ水、BG、EDTA-2Na、PG、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸、コーン油、コカミドMEA、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリクオタニウム-10、ラウリン酸PEG-2、塩化Na、メチルパラベン、安息香酸Na、香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
PEG-2コカミドはヤシ油脂肪酸アミドに酸化エチレンを付加重合して作られた弱カチオン性の洗浄成分。しなやかな洗い心地を示す。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
アーモンド油はオレイン酸を多く含み、リノール酸も含有することからエモリエント作用に優れます。
アセロラエキスはご存知の方も多いでしょう、赤く酸っぱいグミに似た果実エキスです。ビタミンC,有機酸が多く、美白、収れん作用にて肌を引き締めます。
アルテアエキスは保湿性が非常に高い成分で、別名ウスベニタチアオイ、ビロウドアオイとも呼ばれます。
カニナバラ果実エキスは肌のハリを保持する作用。
クロフサスグリ果実エキスはカシスの種から抽出した肌荒れ改善、脂質増加促進作用成分。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
トルメンチラ根エキスは抗炎症、抗酸化、抗ヒスタミン作用。

    ジュレーム シャンプー (モイストリペア) の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/500ml
  • 価格/972円
  • 1mlあたり/1.94円

ジュレーム シャンプー (モイストリペア) の宣伝文,商品説明:

洗いながら髪を補修する浸透性に優れた天然アミノ酸誘導体と
髪を包みこんでうるおいを逃さないヒアロベール(高密着ヒアルロン酸)配合。
ラウレス硫酸Naフリー、弱酸性、無着色、ノンアルコール、
無鉱物油、動物由来原料フリー。

[PR]
ジュレーム シャンプー (モイストリペア) 2017 (c)シャンプー解析ドットコム