シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー
(john masters organics
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー

john masters organics


ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー のオススメレベル

ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー の解析結果

低刺激、育毛系オーガニック?


洗浄性は低めで、泡立ちもかなり控えめなように感じますが、
亜鉛やパパイア果実のように、積極的にスキャルプケアを仕掛ける特徴も見受けられます。

とはいえ育毛効果がものすごいとか、そういった即効性は期待出来ないのですが、
穏やかに頭皮の新陳代謝を促進させるような向きがあるという印象です。

ただし普通のシャンプーのような使い心地や仕上がりを求めるなら物足りなさに身震いする可能性もあります。


[PR]

ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー の全成分:

水、アロエベラ液汁、パパスアミドプロピルベタイン、デシルグルコシド、ココアンホジ酢酸2Na、グリセリン、グルコン酸亜鉛、塩化亜鉛、ローズマリーエキス、セイヨウイラクサエキス、カミツレ花エキス、セージエキス、トクサエキス、ラベンダー花/葉/茎エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、パパイア果実エキス、ユッカシジゲラエキス、パンテノール、アラントイン、コムギアミノ酸、銅クロロフィリンNa、リポフラビン、安息香酸Na、ソルビン酸k、バニラ果実油、ローズマリー油、セージ油

主な成分の解説をみるアロエベラ液汁は抗炎症、線維芽細胞増殖促進、抗菌作用を持つエキスです。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
グルコン酸亜鉛は肌の代謝に欠かせない亜鉛で、たんぱく質の合成を活性化、皮脂の過剰分泌を抑制し、抗菌、抗炎症作用を付与。
ローズマリーエキスはシソ科のエキスで消臭・静菌・抗酸化作用を持ち、ヨーロッパでは肉の鮮度向上のために料理に使われる。
セイヨウイラクサ葉エキスはアセチルコリン、ビタミン類、カロチノイド、アミノ酸による収れん作用・保湿・整肌作用、そしてアレルギーに抗する能力が認められます。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ラベンダー花エキスは抗酸化作用、抗炎症、抗菌、発汗作用。
ウルチカジオイカエキスはイラクサエキスとも呼ばれる、収れん作用、抗菌、抗フケ、消臭効果や創傷治癒促進作用を与える成分。
パンテノールは、プロビタミンB5という別名があるように細胞活性化、抗炎症、保湿作用を付与します。
アラントインは牛の羊膜の分泌液から発見され、尿素から合成、もしくはコンフリーから抽出され原料化されている成分。抗炎症作用、細胞活性化作用が優れる 。

    ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/236ml
  • 価格/3132円
  • 1mlあたり/13.27円

ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー の宣伝文,商品説明:

アルコール、石油由来成分フリー
ラウリル(レス)硫酸Na・DEA・MEA・TEA不使用
シリコン、合成ポリマー不使用
合成(保存・着色・香料)不使用
合成界面活性剤、動物由来成分は不使用
洗浄補助、乳化、防腐成分は100%植物由来
動物実験は全工程で一切行っていません
表示指定成分不使用
植物の防腐効果を利用し、パラベン、フェノキシエタノール等は使用しません。

[PR]
ジョンマスター ジン&セージコンディショニング シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム