シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
純薬 馬油シャンプー
(純薬
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

純薬 馬油シャンプー

純薬


純薬 馬油シャンプー のオススメレベル

純薬 馬油シャンプー の解析結果

単純で安っぽく、不要な一品。


市販の安物にも劣るシンプル過ぎる洗浄剤と、馬油に自信がないのかステアラミドプロピルジメチルアミン(カチオン界面活性剤)をひっそり加えた小賢しい処方。

全く残念で価値を見いだせない駄作です。


[PR]

純薬 馬油シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、PG、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、部分水素添加馬油、加水分解シルク、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ステアラミドジエチルアミン、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-7、EDTA-2Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。
ステアラミドエチルジエチルアミンは皮膚刺激が低く目などの粘膜にも穏和。クシ通りを改善する効果を持つカチオン界面活性剤。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。

    純薬 馬油シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/1000ml
  • 価格/1280円
  • 1mlあたり/1.28円

純薬 馬油シャンプー の宣伝文,商品説明:

馬油シャンプー 1000ml」は、天然の馬油成分が髪の傷んだ部分を保護しながら、なめらかで美しい健康な髪に洗い上げる、ダメージヘア用シャンプー。
シルクプロテインが髪の表面をコートし、ツヤのあるみずみずしい髪にします。
使うほどに、まとまりよくスタイリングしやすい髪へ。
弱酸性・無色素。
フルーティフローラルの香り。
サロン仕様。

[PR]
純薬 馬油シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム