シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
髪穴スッキリ ヘアソープ
(メリードゥビューティプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

髪穴スッキリ ヘアソープ

メリードゥビューティプロダクツ


髪穴スッキリ ヘアソープ のオススメレベル

髪穴スッキリ ヘアソープ の解析結果

悪趣味なシャンプーと言うより他ない一品。


ラウリル硫酸TEA、ラウレス硫酸Naという強脱脂洗浄剤を並べ、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマーという整髪料に使われるような被膜成分を配し、
髪穴スッキリという名前に違わぬ内容ともいえる超絶クレンジングシャンプーです。
(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマーは、シリコーンなどとは比較にならないほどコーティングしますので、
これでハリコシ感を感じられるからといって安易にシャンプーに入れるのはどうか。さらに、この洗浄剤ではますますダメシャンプー隠しに使われていると言われてもしょうがないですね。
その他、コラーゲン、ケラチン、シルクを配合していますが、


全体としては、
やはり趣味の悪い時代遅れのハードシャンプーであり、肌も髪も大きな負担に曝されます。
ケラチンや(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマーといった被膜補修剤は、コンディショニング効果を高めようというより、粗悪すぎる洗浄剤の感触を誤魔化そうという意図の方が大きいように感じます。


[PR]

髪穴スッキリ ヘアソープ の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ラウリル硫酸TEA、ラウレス硫酸ナトリウム、PEG-3コカミド、ジステアリン酸グリコール、オレンジ油、ポリクオタニウム-10、イソプロパノール、BG、コムギ胚芽エキス、フェノキシエタノール、ローマカミツレエキス、パセリエキス、ヘチマエキス、トコフェロール、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン、シルクエキス、エタノール、(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、メントール、塩化ナトリウム、クエン酸、ソルビン酸、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ラウリル硫酸TEAは皮膚や髪への浸透性が高い強脱脂、強洗浄性の、かつ肌荒れ率の高い洗浄剤。少しでも肌への悪影響を考えるなら配合されないはずの成分です。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
コムギ胚芽エキスは、フィトポリアミンを特徴とした抗糖化作用、細胞活性化作用、コラーゲン産生促進効果、抗酸化効果に優れたエキス。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。
パセリエキスはペクチン、タンニン、カロチン、ビタミン Cを含む。消炎、抗ニキビ、抗酸化作用。
ヘチマエキスは粘液質、サポニンを含有し、保湿、抗炎症作用、皮膚に潤いを与える効果。
トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。

    髪穴スッキリ ヘアソープ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:1
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1

  • 容量/390ml
  • 価格/1512円
  • 1mlあたり/3.88円

髪穴スッキリ ヘアソープ の宣伝文,商品説明:

髪の毛穴の脂づまりを取り除くシャンプー(シャンプー スキャルプケア)です。
加水分解ケラチン、シルク抽出物、加水分解コラーゲン配合により、
適度なうるおいを補給しながら、毛穴につまった皮脂を素早くスッキリ取り除き、
清潔な頭皮を保ちます。

[PR]
髪穴スッキリ ヘアソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム