シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
髪がとろけるシャンプー
(アースフル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

髪がとろけるシャンプー

アースフル


髪がとろけるシャンプー のオススメレベル

髪がとろけるシャンプー の解析結果

いわゆるアミノ酸型シャンプーです。


アミノ酸系の成分を寄せ集めたともいえるシャンプーの典型で、
良質な洗浄剤と凡庸な添加成分の一品とも言いかえられるでしょう。

洗浄剤の質の良さは間違いありません。
きめ細かく、ソフトでエモリエントな洗浄性。
コンディショニングで、肌の弱い人にも最適。

ただし、添加成分はアミノ酸各種が中心で擬似セラミド、レシチンのいずれも保湿作用ですから、
基本的にはソフトに洗えるというシャンプー、と認識すればOKでしょう。

そのわりには、少し割高なのかな、とも思いますし、
よりダメージ毛のリペアやさっぱり感を求めるならNG.
なんといってもソフトな洗浄性に魅力を感じ場合に適合。


[PR]

髪がとろけるシャンプー の全成分:

水、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA,ラウラミドDEA、ココイル加水分解コラーゲンTEA、グリセリン、ラウロイルシルクアミノ酸Na、ポリクオタ ニウム−10、PCAイソステアリン酸PEG−40水添ヒマシ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、水添レシチン、PCA−Na、乳酸Na、アルギニン 、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、キシリチルグルコシド、無水キシリトール、キシ リトール、レシチン、グリコール酸、フェノキシエタノール、EDTA−2Na、プロピルパラベン、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
ラウラミドDEA(ラウラミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ラウロイルシルクアミノ酸Naはシルク由来アミノ酸系洗浄剤です。マイルドで毛髪への吸着性が高く、髪を保護しながら洗うことができる特徴。
PEG-40水添ヒマシ油は非イオン界面活性剤で、乳化、増粘、改質剤として使われます。また、香料や油性成分の可溶化剤としても用いられます。
ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)は優れたラメラ液晶形成能を持ち、抱水性、保湿性、皮膚のバリヤ機能を改善。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスの汁から発見されたアミノ酸という由来を持ち、保湿、皮膚機能の代謝を活性化する作用。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。
トレオニンはアミノ酸の一種で、保湿、肌機能の活性化を付与。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。

    髪がとろけるシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.5

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/250ml
  • 価格/2625円
  • 1mlあたり/10.5円

髪がとろけるシャンプー の宣伝文,商品説明:

シルク・コラーゲン・アミノ酸由来の洗浄成分と、さとうきび・小麦・樹木由来の保水力寄与コンセプト成分が汚れを落とすだけでなく、
毛髪内部のマトリックスや水分の通り道(CMC)のケアをし、毛髪を強化していく、人と環境にやさしいシャンプーです。

[PR]
髪がとろけるシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム