シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
カミハダシャンプー
(エクセレントメディカル
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

カミハダシャンプー

エクセレントメディカル


カミハダシャンプー のオススメレベル

カミハダシャンプー の解析結果

低刺激。さっぱり。しかし殺菌。


とても低刺激な感じの良いシャンプー剤です。殺菌剤が存在することを除いては。

このピロクトンオラミンをどう評価するかで見方が180°変わってしまいそうな一品ですが、
基本性能としては非常にマイルド感、使用感の良いシャンプーであることに疑いはありません。

ただ、それ以外にほとんど要素がないため、誰におすすめするのが適切か悩むタイプでもあります。

低刺激といえば低刺激だし、ピロクトンオラミンがある中で毎日使うには心配な面もあるし・・
かなり高額であることも踏まえると、微妙なので他でもいいかな、と判断しそうな製品です。


[PR]

カミハダシャンプー の全成分:

精製水、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリルジメチルアミノ 酢酸ベタイン、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、DL-リンゴ酸、チンピエキス、ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)、塩化O[- 2-ヒドロキシ-3(-トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、エタノール、安息香酸ナトリウム、香料

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
ラウリルヒドロキシスルタインは粘膜刺激性が低く、優れた増泡性、泡安定性を与える両性界面活性剤。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウリルベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
チンピエキスはミカンの果皮エキス。血行促進、抗炎症作用を付与。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。
ピロクトンオラミンは細菌、酵母、カビ類に優れた抗菌効果を発揮。pH領域は幅広く、抗フケ剤として有効成分に使われています。
安全性は確認されているが、常在菌のバランスを崩すこと懸念も。

    カミハダシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3

  • 素材の品質:3
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/500ml
  • 価格/4320円
  • 1mlあたり/8.64円

カミハダシャンプー の宣伝文,商品説明:

シャンプーの基本である「洗う」ことに忠実な成分を厳選。
有効成分ピロクトンオラミンは、殺菌効果に優れた成分。
頭皮を清浄に保ち、フケ・かゆみを抑え、脱毛を抑える効果が期待できます。
さらに、頭皮への負担も考慮し、ノンシリコン・高級アルコールフリー処方。
ていねいに、やさしく洗うことにこだわりました。

[PR]
カミハダシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム