シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー
(石澤研究所 
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー

石澤研究所


髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー のオススメレベル

髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー の解析結果

普通すぎる平凡シャンプー。


ラウレス硫酸Naを筆頭にした平凡なよくあるクオリティのシャンプーの1つです。
ココイルグルタミン酸TEAを加えてしっとり感を付与していますが、
中身は単なるラウレス硫酸Naベースシャンプーといえるでしょう。

デメリットが多くおすすめしにくい凡作なのであります。


[PR]

髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー の全成分:

水、コカミドDEA、ラウレス硫酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、グリセリン、フェノキシエタノール、ノノキシノール-10、コカミドプロピルベタイン、メントール、ソルビトール、ポリクオタニウム-10、グリチルリチン酸2K、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、メチルパラベン、エタノール、アルギン酸Na、オタネニンジンエキス、センブリエキス、トウガラシエキス

主な成分の解説をみるコカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
メントールの清涼作用。
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
トウガラシエキスは殺菌、血行促進、抗酸化、代謝促進作用。

    髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.7

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 2
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/6.48円

髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー の宣伝文,商品説明:

◆マッサージで血行促進&育毛・・・
  ・センブリエキス(頭皮活性成分):地肌・毛根を刺激。
頭皮の働きを整える。
  ・ニンジンエキス(温潤成分):傷んだ地肌の機能を整え、乾燥を防ぐ。
  ・トウガラシエキス(頭皮活性成分):毛根と地肌を刺激してマッサージ効果を高める。
  ・グリチルリチン酸ジカリウム(薬効成分):地肌のダメージをケアし、フケ・カユミを防ぐ。

[PR]
髪質改善研究所 薬用地肌シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム