シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー
(パーソナルコスメディック
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー

パーソナルコスメディック


カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー のオススメレベル

カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー の解析結果

あまりにも強すぎる洗浄力。

全くダメ。強すぎる洗浄力、浸透力、刺激性で使うたびに侵食されるようなダメシャンプーです。

使わない以上に良い対策はありません。


[PR]

カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー の全成分:

水、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸ナトリウム、コカミドDEA、ラウリル硫酸TEA、スルホコハク酸ラウレス2ナトリウム、ラウレス-2、カミツレ油、カミツレエキス、ホホバ油、アルニカエキス、セイヨウキズタエキス、セージエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、トウキンセンカエキス、セイヨウノコギリソウエキス、マロニエエキス、シナノキエキス、ゼニアオイエキス、甘草エキス、サフラワー油、ポリクオタニウム-10、PEG-15ココポリアミン、ベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、PCAオレイン酸グリセリル、クエン酸、BG、EDTA-2ナトリウム、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン、フェノキシエタノール、エトキシジグリコール、BG、エタノール、香料

主な成分の解説をみるPEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na(アンホレックスCAS)は非常に高い脱脂力を持ちながら、比較的マイルドに調整され刺激を抑えた洗浄剤。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
カミツレ花エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進作用、女性ホルモン様作用、抗炎症、血行促進、発汗作用を付与。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
セイヨウキズタエキスは抗酸化作用、脂肪分解作用。
セージ葉エキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進作用、メラニン抑制作用、収斂作用を付与。
オトギリソウエキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、収斂作用。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
セイヨウノコギリソウエキス(キク科常緑多年草,=ヤロウエキス)は、アズレン、ピネン、リモネン、カンファーなどを含み抗酸化作用、抗菌、抗炎症、収れん作用を付与。
マロニエエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、抗炎症作用、メラニン生成を抑制。
シナノキエキスは保湿収れん、血行促進作用。
ゼニアオイエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用により肌のハリを高めます。
PEG-15ココポリアミンは擬似カチオン界面活性剤として働き、毛髪のケラチンに作用し柔軟性を与える。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。

    カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.1

  • 素材の品質:1
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1
  • 頭皮環境改善 1
  • 費用対効果:1

  • 容量/1000ml
  • 価格/3240円
  • 1mlあたり/3.24円

カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー の宣伝文,商品説明:

「PC カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー1000ml」は、有機栽培で育てられたカミツレエキス、カミツレオイル、10種類のハーブやホホバオイルをバランス良く配合した、髪のツヤを アップする、髪と地肌にやさしいダメージヘア用シャンプーです。
髪と地肌を保護し、うるおいを与えながら、なめらかな感触のツヤツヤの髪に洗い上げます。

[PR]
カミツヤ(髪ツヤ) シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム