シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ
(アフロディーテ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ

アフロディーテ


カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ のオススメレベル

カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ の解析結果

よく泡立つが、ややマイルドなカラー向けシャンプー


複雑な洗浄剤の構成が特徴的。
少しさっぱり寄りのタッチですが、ややクッションを挟んだような刺激を感じない軽い洗い心地と仕上がり。
カラーの褪色を抑える効果も期待でき、よく洗えて、しかも肌に負担をかけにくい。
コンディショニングで、泡立ちも十分。
欲を言えば、もっとベースの質を高めることはできそうであるし、セトリモニウムクロリド(カチオン界面活性剤)の配合はややリスキーにも(微量ですが)感じられますので、
改善の余地はありながら、印象としては面白く、悪くない一品であると言っていいでしょう。


[PR]

カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、BG、コカミドDEA、オレフィン(C14−16)、スルホン酸Na、ヒドロキシアルキル(C12−14)ヒドロキシエチルメチルグリシン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、ラウロイル加水分解シルクNa、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、グリチルリチン酸2K、乳酸、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、セトリモニウムクロリド、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、プロピルパラベン,メチルパラベン、DPG、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシンはカラーロック効果のある洗浄剤で、指滑り、きしみ緩和効果あり。比較的さっぱりした仕上がりのマイルドな洗浄剤です。
ココイル加水分解ダイズタンパクKは適度な洗浄力と起泡性を持つアニオン界面活性剤で、皮膚や髪にハリ・コシ感と保湿性を与えます。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
フェノキシエタノールはグリコールエーテルの一種で防腐剤として配合。パラベンの代替として、もしくは併用して使われるが、刺激に感じる場合も稀にあります。
セトリモニウムクロリドは4級カチオン界面活性剤。

    カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.2

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3.5
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/300ml
  • 価格/3240円
  • 1mlあたり/10.8円

カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ の宣伝文,商品説明:

アミノ酸系の洗浄剤を使用しているため、
一般的なシャンプーに比べて頭皮に対しても刺激が少なくマイルドです。
さらに炎症緩和効果が高いグリチルリチン酸を配合しているため、
とくに夏の炎天下やパーマやカラーなどの薬剤処理後の
ダメージを受けた頭皮の炎症を和らげます。

[PR]
カペリッチ プラチナム アフロディーテ ヘアソープ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム