シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル
(リアル化学
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル

リアル化学


カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル のオススメレベル

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル の解析結果

さほど質の高くない感触重視のシャンプーといえます。


コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naと続く洗浄剤は洗浄力強めで、あまりコンディショニング効果は高くなく、
泡立ちとサッパリ感重視の設計。

ラウロイルシルクアミノ酸Kが申し訳程度に配合されていますが、驚くような手触りを付与するような配合ではありません。

ぱさつきを抑えて云々というのは、PPG-25ジエチルモニウムクロリド(カチオン界面活性剤)、そしてポリクオタニウム-22(アクリル酸を含むポリマーでハリコシ効果、すすぎの感触を改善)によるところが大きい。
ユズ、ケラチン、チューベロース多糖体(月下香の白い花びら)は僅かな配合であり、有効性の高さは疑問。

総合すると、比較的安い感じの洗浄剤に、比較的肌に優しくない成分で感触を演出したシャンプーと言えます。
肌への優しさは最重視されておらず、パッと触った感じの感触の良さを優先していて、
しかし実際には髪に修復効果を高いレベルで与えるようなことは全くできていないというレベルの一品です。
その価格帯では平均かそれよりやや下の一品。


[PR]

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ラウロイルシルクアミノ酸K、ポリクオタニウム-10、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、PPG-25ジエチルモニウムクロリド、PPG-25ブチルリン酸、ポリクオタニウム-22、ユズエキス、加水分解ケラチン、チューベロース多糖類、エタノール、キシレンスルホン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ポリクオタニウム-22はカラー剤を均一に染める効果や、コンディショニング効果を付与。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。
チューベロース多糖体は皮膚表面を平滑化する多糖体で、月下香の白い花びらから抽出。温度による変化がほとんど起こらず、寒冷乾燥環境でも角質を確実に保湿します。

    カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.1

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:3

  • 容量/230ml
  • 価格/1836円
  • 1mlあたり/7.98円

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル の宣伝文,商品説明:

パサつきを抑えてしなやかなストレート・揺らめくウェーブを作るシャンプーです。
毛髪補修成分ボタニカル擬似セラミド、ケラチンPPT配合、
しなやか成分ボタニカル(月下香)抽出成分配合。

[PR]
カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ フレキシブル 2017 (c)シャンプー解析ドットコム