シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム
(リアル化学
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム

リアル化学


カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム のオススメレベル

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム の解析結果

ややさっくりした洗浄と、少しの感触改良。


シャンプーとしての質自体も凡庸なレベルのようです。

両性界面活性剤コカミドプロピルベタイン、アミノ酸系ココイルアラニンTEA、陰イオンのオレフィン(C14-16)スルホン酸Naというベースは洗浄力が高く、仕上がりはあまりコンディショニング効果を伴わない構成。

PPG-25ジエチルモニウムクロリドのようなカチオン界面活性剤を入れざるを得ない理由がわかるというもの。
ポリクオタニウム-22はハリコシ効果、すすぎの感触を改善しますが、補修するというよりも整髪料のようなライトなコーティング。
ユズセラミドが毛髪の保湿機能を強化。
ラウロイル加水分解シルクNaはシルキーなタッチを与えますが、あまり大きな影響を与えるほどの処方ではないと見ます。


全体としては、
シャンプーのベースは粗悪なもので、粗悪さをカバーするために仕方なく添加剤を色々と入れているという印象のシャンプー。
積極的に髪のコンディションにアプローチするという姿勢ではなく、あれこれと誤魔化しながら何とかそれっぽく見せられないか探っているような内容。
オススメとは到底なりません。
値段からしても、もっとクオリティを求めて良いはず。


[PR]

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルアラニンTEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ラウロイル加水分解シルクNa、ポリクオタニウム-10、トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン、PPG-25ジエチルモニウムクロリド、PPG-25ブチルリン酸、ポリクオタニウム-22、ユズエキス、加水分解ケラチン、パール、海塩、クエン酸、塩化Na、グリセリン、キシレンスルホン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。

ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ポリクオタニウム-22はカラー剤を均一に染める効果や、コンディショニング効果を付与。
ユズ果実エキスはユズセラミドを含有し、髪や肌の保湿機能を強化。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。

    カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.5

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/230ml
  • 価格/1836円
  • 1mlあたり/7.98円

カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム の宣伝文,商品説明:

ふんわりエアリーなストレート・ウェーブヘアにするヘアサロン向けシャンプーです。
毛髪補修成分ボタニカル擬似セラミド、ケラチンPPT配合、ふんわり成分パールエキス、海洋ミネラル配合。

[PR]
カルマーレ フィルスタイル ヘアソープ ボリューム 2017 (c)シャンプー解析ドットコム