シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ケンラックス プルミエシャンプー
(インターコスメ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ケンラックス プルミエシャンプー

インターコスメ


ケンラックス プルミエシャンプー のオススメレベル

ケンラックス プルミエシャンプー の解析結果

人にも環境にも配慮なし。


洗浄剤の安っぽさは言うまでもなく、赤潮の原因となるリン酸を入れている点や、脱脂力の強い洗浄剤の緩衝材を入れていないなど、
何ら思いやりを感じることのない駄作。

駄作というのはこういうものを言うのだな、と覚えておいてよいでしょう。
素材をいかに安上がりにするか、というような発想で作ると、こういったものが出来上がるのです。


[PR]

ケンラックス プルミエシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドDEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ソルビトール、グリセリン、ポリクオタニウム-10、PCA-Na、ベタイン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、アロエベラ葉エキス、EDTA-4Na、クエン酸、塩化Na、リン酸、EDTA-3Na、エタノール、BG、エチルパラベン、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
アロエベラ葉エキスは抗炎症、線維芽細胞増殖促進作用、抗菌作用を付与。

    ケンラックス プルミエシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/1000ml
  • 価格/1728円
  • 1mlあたり/1.73円

ケンラックス プルミエシャンプー の宣伝文,商品説明:

ノンシリコーンシャンプー。
ふわふわの泡立ちで、髪と地肌の汚れを浮かしてすっきりと洗い上げます。
施術前のプレシャンプーにも最適。
地肌や手にもやさしい弱酸性。

[PR]
ケンラックス プルミエシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム