シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー
(ブライ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー

ブライ


ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー のオススメレベル

ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー の解析結果

ぎっしり詰まったコンディショニングシャンプー


全体を通して髪をしなやかに、ということで一貫している印象ですね。

ベースがコラーゲンの洗浄剤、ココイル加水分解コラーゲンKということで、もう洗うよりしっとりさせろ、という意図がここではっきりしている構成です。
補助的にコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNaが気持ち配合されていますが、泡立ちをよくする的な目的である可能性が高いです。
その他、ケラチン、コラーゲン、シルク、頭皮環境改善系エキスがたくさん、清涼のハッカ、抗炎症エキス、アミノ酸各種、
微量ですが疑似セラミド、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)は抱水性が高く、密着力も。
紫外線吸収剤、ホホバ、スクワラン、デンプンといった保湿成分など。


全体としては、
まず洗うことは重視されていません。なので、さっぱり感はほとんどない中で、
ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)まで配合して髪をしなやかにさせようとしているので、
エキス類があるわりに頭皮に刺激的な面もあります。
さらに、たくさん成分があるわりに、コンディショニング効果重視のわりに、さほどそれらの効果が抜群に高いわけでもない。

つまり、洗えない、肌の弱い人は無理、意外とコンディショニング効果(ふんわり感)が高くないということになりかねないと見ました。

エキス類の活躍で、じょじょに髪のコシが高まる可能性はありますが、それよりもこの構成で頭皮の理想的なバランスが保てるかな、という心配の方が大きい一品であります。


[PR]

ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー の全成分:

水、ココイル加水分解コラーゲンK、デシルグルコシド、BG、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、ケラチン、グリチルリチン酸2K、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、カプリル酸グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、ポリクオタニウム-10、ポリソルベート20、アルニカ花エキス、フユボダイジュエキス、スギナエキス、セイヨウオトギリソウエキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイ花エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヨモギ葉エキス、チョウジエキス、センブリエキス、トウキ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウラミンオキシド、ポリクオタニウム-72、ベタイン、ハッカ油、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、グリセリン、グリコシルトレハロース、スクワラン、ホホバ種子油、ベヘネス-30、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、トレオニン、プロリン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、乳酸Na、トコフェロール、クエン酸Na、PEG-60水添ヒマシ油、ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/オクチルドデシル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルビス(ベヘニル/イソステアリル/フィトステリル)、ベヘン酸、メトキシケイヒ酸オクチル、塩化Na、エチルヘキサン酸セチル、加水分解水添デンプン、ステアリルアルコール、DPG、クエン酸、エタノール、セタノール、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるココイル加水分解コラーゲンKはアミノ酸系洗浄剤の1つで、ほとんど脱脂力はありませんが保湿、柔軟性、きめ細かい泡質を与える目的で配合されます。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
加水分解ケラチン(羽毛)は、羊毛ケラチンと比べて疎水性が高く、毛髪への浸透性に優れ、疎水結合などで効果的に毛髪と結合することで高い補修、保護効果を示す。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
加水分解シルクはシルクの効果を損なわずに分子量を加水分解することにより調整することで、毛髪、皮膚に対して保湿、保護、潤滑性を与えるペプチドです。
エチルヘキシルグリセリンは幅広い抗菌作用を持つ安全性の高いポリオール。腋臭原因菌を抑制する作用や、エモリエントなタッチ、香料の機能促進効果も。
アルニカ,オドリコソウ,オランダカラシ,ゴボウ,セイヨウキズタ,ニンニク,マツ,ローズマリー,ローマカミツレエキスは、抗菌・抗酸化・抗フケ・育毛・抗脂漏性皮膚炎を期待するエキスセットです。
ポリクオタニウム-72はヒドロキシエチルセルロースにヤシ油アルキルジメチルアンモニウム置換エポキシドを付加したカチオンポリマー。指通り改善や皮膜形成効果を付与。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
スクワランは人の皮脂にも3-4%含まれる保湿成分で、刺激なく油分と水分を乳化させ保湿作用を示し、不足すると肌の乾燥、代謝の低下をまねきます。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。

    ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.6

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/245ml
  • 価格/3456円
  • 1mlあたり/14.11円

ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー の宣伝文,商品説明:

コラーゲン系洗浄剤のクリーミーな泡が、
お肌をいたわるように髪と地肌をやさしく洗い上げます。
液晶生ケラチン(毛髪保護剤)によりベタつかずふんわり感のある髪に仕上がります。

[PR]
ケラブロー プロテクトケア プロテインシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム