シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
キーズ シャンプー H

(KEYS
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

キーズ シャンプー H

KEYS


キーズ シャンプー H のオススメレベル

キーズ シャンプー H の解析結果

ヒートプロテインを配合した平滑性を付与するシャンプー。


ベースはココイルアラニンTEA、ラウラミドプロピルベタインはマイルド系ですが、アルキル(C14-18)スルホン酸、ラウレス硫酸Naが強洗浄、起泡性の洗浄剤。

ヒートプロテインは(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク。熱に反応してコーティング力を強化します。

デンプン、サトウキビエキス、トレハロースが保湿効果を付与。

総合的には
少しばかりコンディショニング効果を与えるシャンプーではありますが、質は高くなく、有効性も持続性も期待に及ばない一品です。

値段ほどのクオリティも示せず、ザックリした洗浄剤の構成も残念な印象。
オススメなシャンプーではありません。


[PR]

キーズ シャンプー H の全成分:

水、コカミドDEA、ココイルアラニンTEA、ラウラミドプロピルベタイン、アルキル(C14-18)スルホン酸Na、ラウレス硫酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、サトウキビエキス、PPG-24グリセレス-24、アルギニン、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PPG-14ジグリセリル、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、硫酸Na、塩化Na、クエン酸、BG、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるコカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
サトウキビエキスイヌリンを含む高い保湿効果と角質柔軟作用を与えます。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパクは毛髪に対する吸着性に優れ、髪のダメージ部分に吸着して、うるおいとしなやかさを与える。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
[PR]
キーズ シャンプー H 2017 (c)シャンプー解析ドットコム