シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ウィルクアント  金のシャンプー
(WILQANT(ウィルクアント)

) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ウィルクアント  金のシャンプー

WILQANT(ウィルクアント)


ウィルクアント  金のシャンプー のオススメレベル

ウィルクアント  金のシャンプー の解析結果

低刺激、滑らかタッチ。


コンディショニングな洗浄剤を始め、全体を通して潤滑性を意識していることが伝わるシャンプーであり、
さっぱり洗いたいというよりも傷んだ髪を滑らかさで包みたいという方に向けて特化した一品といえます。

飛び抜けて上質というほどのレベルではありませんが、意図がわかりやすくきれいにまとまった作りは好感度高いですね。

マイルド志向である、または髪を滑らかさでコーティングするように洗いたいという方向けのコンディショニング重視シャンプーです。


[PR]

ウィルクアント  金のシャンプー の全成分:

水、ラウロイル加水分解シルクNa、ココイルメチルタウリンNa、ジオレイン酸PEGー120メチルグルコース、ラウラミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Na、PEG-7グリセリルココエート、PPGー2コカミド、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ハチミツ、ベタイン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PCAーNa、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、ポリクオタニウムー10、PEG-12ジメチコン、ポリクオタニウムー64、ヒアルロン酸Na、塩化Na、DPG、クエン酸、EDTAー2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラべン、プロピルパラべン、香料

主な成分の解説をみるラウロイル加水分解シルクNaは、脱脂力や刺激が非常にマイルドであり、保湿作用や保護作用を持った洗浄成分。
ココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
ジオレイン酸PEG-120メチルグルコースはポチエチレングリコール・オレイン酸とメチルグルコースのジエステルでエモリエント感のある乳化・増粘剤です。
ラウラミドプロピルベタインは両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
グリコシルトレハロースはトウモロコシデンプン由来のトレハロースにグルコース(ブドウ糖)が数個結合した多糖体。べたつかず、高い保湿力、細胞活性化作用を付与する。
加水分解水添デンプンは、加水分解デンプンに水素添加したもの。トウモロコシデンプン由来で、抗炎症・保湿・肌荒れ抑制、感触向上効果。
ハチミツは吸着持続性の高い保湿作用。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ソルビトールはブドウ糖を還元して合成。保湿効果。
アミノ酸各種が毛髪、皮膚に対して親和性を持つ保湿作用を与え、しなやかな感触に。
PEG-12ジメチコンはポリエーテル変性シリコーンで、アニオン界面活性剤の刺激を緩和し、皮膜形成により保湿効果を与えます。
ポリクオタニウム-61(リピジュア)は人の細胞膜を構成するリン脂質をモデルにした水溶性ポリマー。ヒアルロン酸の2倍の保湿力と持続性を持ち、生体適合性を持つ安全性の高い成分です。

    ウィルクアント  金のシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.6

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:4
  • 髪質改善効果:3.5
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/200ml
  • 価格/2700円
  • 1mlあたり/13.5円

ウィルクアント  金のシャンプー の宣伝文,商品説明:

「まるで泡立つ美容液」のような贅沢な保湿成分と濃密な泡が、髪を保湿しながら優しく洗い上げ、
毛先までしっとりとした光り輝く美髪へ導きます。
髪を洗ったあとそのまましばらく置いておくことでトリートメント効果も高まります。

[PR]
ウィルクアント  金のシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム