シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー
(皇漢堂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー

皇漢堂


気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー のオススメレベル

気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー の解析結果

潤滑なシャンプー、弱め洗浄。


仕上がりのコンディショニングな印象が良い一品。
洗浄性はやや弱めで、泡立ちは少し弱めタイプ。
一級品ではないが、使用感の良さに気を配った品の良い印象のシャンプーでしょう。


[PR]

気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー の全成分:

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、コカミドDEA、 ジステアリン酸PEG-150、アルキル(C12.14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、クオタニウム-73、グリチルリチン酸2K

主な成分の解説をみるコカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、生分解性に優れ滑らかな感触を付与します。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
クオタニウム-73はピオニンと呼ばれる光反応性成分。抗菌作用、皮膚の清浄作用、整肌作用を持つ。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
[PR]
気乃精(キノセイ) 頭皮シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム