シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
KITSON エアリーヘア シャンプー
(KITSON 
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

KITSON エアリーヘア シャンプー

KITSON


KITSON エアリーヘア シャンプー のオススメレベル

KITSON エアリーヘア シャンプー の解析結果

LAガールに憧れたからといっても使わない方がマシな一品。


ラウレス硫酸Na、オレフィンスルホン酸Naにコカミドプロピルベタインというベースは、かなり製造費を安くしようという意図が見え見え。

高い洗浄力で髪も肌も必要以上に乾燥してしまうパターンなので、この部分はおすすめできない内容。

その他、アルガンオイル、マカデミアナッツ油、コラーゲンが配合され、エモリエントな感触が前述の高洗浄を感じさせなくしますが、
実際には洗うたびに肌は本来のバリヤを失ってしまうのでいただけません。
要は、老けるのが早まるよ、ということですね。
それが嫌であれば、もっとマイルドで肌のバランスを保てるシャンプーを使うべきでしょう。


[PR]

KITSON エアリーヘア シャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、アルガニアスピノサ核油、マカデミアナッツ油、オウゴンエキス、アルゲエキス、加水分解コラーゲン、ココイルグルタミン酸TEA、クエン酸、BG、ポリクオタニウム-10、酢酸、塩化Na、硝酸Mg、塩化Mg、安息香酸Na、ジステアリン酸PEG-150、EDTA-3Na、リン酸、EDTA-2Na、BHT、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、ヒドロキシアニソール、DPG、フェノキシエタノール、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
アルガニアスピノサ核油は、モロッコ南西部に自生する広葉常緑樹アルガンの種子から採れるオイルで、ビタミンEの含有量が多く抗酸化作用があり、エモリエント作用も期待されるオイルです。
マカデミアナッツ油はパルミトレイン酸を多く含み、人の皮脂に類似したエステル。
体温付近に融点があり、肌に馴染み良くタッチが良いオイルです。
オウゴンエキスはバイカリン、バイカレインを有効成分とし、タバコの煙など環境ストレスによる皮膚老化を抑制、美白、抗シワ、毛穴・敏感肌改善、育毛、抗菌作用などを付与。
アルゲエキスはミトコンドリアを保護し、皮膚細胞活性化、皮膚のトーンを明るくします。
加水分解コラーゲンは牛や豚の骨や皮、鮭など魚の皮等を加水分解して得られるPPTで、保湿効果と柔軟性を与えます。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。

    KITSON エアリーヘア シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.8

  • 素材の品質:2
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/1026円
  • 1mlあたり/2.05円

KITSON エアリーヘア シャンプー の宣伝文,商品説明:

うるおいとツヤを与えるWオイルを配合したノンシリコンシャンプーです。
バスルームにも広がるピオニー&ローズが、翌日もほのかに香ります。

[PR]
KITSON エアリーヘア シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム