シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
kokoro G シャンプー
(phiten(ファイテン)
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

kokoro G シャンプー

phiten(ファイテン)


kokoro G シャンプー のオススメレベル

kokoro G シャンプー の解析結果

やや粗い洗浄性。


高い洗浄力を持つがやや皮膚刺激はマイルド。
シルク系洗浄剤が売りのようですが、メインがラウレス硫酸Naと同等の粗いものなのでちょっとがっかり。

カチオン化ケラチンやセリシンがコンディショニング効果をアップさせますが、総合的に見てクオリティを求められるタイプではないでしょう。


[PR]

kokoro G シャンプー の全成分:

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウロイル加水分解シルクNa、コカミドDEA、BG、ポリオキシエチレンセチルステアリルジエーテル、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、セリシン、褐藻エキス、紅藻エキス、グリセリン、加水分解アメリカスズカケノキエキス、ヒマワリ種子エキス、コカミドプロピルベタイン、ラノリン酸スクロース、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、チョウジエキス、ラウラミノプロピオン酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、オレンジ油、クエン酸、エタノール、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウロイル加水分解シルクNaは補助洗浄剤として主に用いられ、親和性の高さを活かして感触をシルキーに特徴づけます。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(プロティキュート)はカチオン化されたケラチンで、ダメージ部へのハリ・コシ改善、指通り・ツヤ・カラーロック効果を付与。
セリシンは絹より抽出精製されるペプタイドで、皮膜形成、ハリ・コシ付与、皮膚の保湿性向上作用。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ポリクオタニウム-7は、泡質を細かくし、濡れている状態の髪を柔らかくする効能を付与。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
チョウジエキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、抗菌、収れん作用。
ラウラミノプロピオン酸Naはアミノ酸系洗浄剤で、pHが酸性でも安定。穏やかな洗浄力とコンディショニング効果、増粘、刺激緩和作用を付与。
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドはマメ科グアから採れる多糖類にカチオンをもたせたコンディショニング成分。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。

    kokoro G シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:3
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/300ml
  • 価格/1620円
  • 1mlあたり/5.4円

kokoro G シャンプー の宣伝文,商品説明:

絹から作られた洗浄成分」がダメージなく汚れを落とす! ファイテンのシャンプーはお水にこだわりました。
傷んだ髪を健やかに。
さっぱりした洗いあがりなので男性にもおすすめです!!

[PR]
kokoro G シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム