シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
コルダジュール デューロシャンプー
(クレアール
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

コルダジュール デューロシャンプー

クレアール


コルダジュール デューロシャンプー のオススメレベル

コルダジュール デューロシャンプー の解析結果

ラウレス硫酸Naとラウレス-4酢酸Naをベースに高洗浄力の作りとわかる構成。

泡立ちの安定と洗浄力増加のコカミドメチルMEA。

ココアンホ酢酸Naとペリセアはきしみ軽減、刺激緩和、泡立ち調整。
トレハロース、アミノ酸各種は保湿、潤滑作用。

比較的滑らかな泡立ちが予想される一品ですが、
作りとしては凡庸で安っぽいの一言。
ペリセアの効果で使用感はチープさを感じさせませんが、
日常使いとしては全くおすすめできないデメリットの方が多い系の商品です。
完全にダメではありませんが、ダメ寄りです。
市販品でももっとマシなものがたくさんありますからね。


[PR]

コルダジュール デューロシャンプー の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、コカミドメチルMEA、DPG、ラウレス−4酢酸Na、ココアンホ酢酸Na、トレハロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、ポリクオタニウム−10、PCA、PCA−Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、塩化Na、デシルグルコシド、ペンテト酸5Na、BG、エチドロン酸、クエン酸、EDTA−2Na、グリチルリチン酸2K、乳酸Na、フェノキシエタノール、エタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
トレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスの汁から発見されたアミノ酸という由来を持ち、保湿、皮膚機能の代謝を活性化する作用。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。
トレオニンはアミノ酸の一種で、保湿、肌機能の活性化を付与。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。
デシルグルコシドは非イオン界面活性剤で、主に洗浄剤の刺激緩和効果を目的に配合されます。
ペンテト酸5Naはキレート(金属封鎖)剤の一種で、化学名ジエチレントリアミン五酢酸ナトリウム。腐敗、酸化、変色防止、抗菌作用などを付与。
エチドロン酸はキレート(金属封鎖)剤の一種で、1-ヒドロキシエタン-1 1-ジホスホン酸という物質名の有機リン化合物。製品の品質保持剤、もしくは髪のコンディションアップで配合。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。

    コルダジュール デューロシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/250ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/8.64円

コルダジュール デューロシャンプー の宣伝文,商品説明:

こちらは、硬い髪用の「デューロ」です。
ストレートパーマのアイロンの熱などによって、
髪の中のタンパク質が熱変性を起こして硬くなってしまった髪や、
ケミカル施術によるダメージが気になる人へ。
髪内部のダメージを補修するといわれる毛髪補修成分を配合し、
ダメージを受けた髪内部とキューティクルを補修。
潤いのある柔らかい髪に仕上げます。

[PR]
コルダジュール デューロシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム