シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
コルダジュール ソティーレシャンプー 
(クレアール
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

コルダジュール ソティーレシャンプー 

クレアール


コルダジュール ソティーレシャンプー  のオススメレベル

コルダジュール ソティーレシャンプー  の解析結果

素材に魅力なし。


ラウレス硫酸Naとオレフィンスルホン酸Na、ラウレス-4酢酸Naというはっきりとした洗浄力の高い成分を揃えた一品。
ラウラミドプロピルベタイン、ペリセアが洗浄剤の刺激緩和、泡立ち調整、コンディショニング効果を付与。

柔らかい髪用のシャンプーとのことですが、高脱脂力のシャンプーで髪の摩擦を生じさせ、ボリュームアップしたかのように見せる系の一品です。
実際にハリコシ感を高めるような効果というのはほとんどありません。
ベースの洗浄剤はチープで脱脂力が高く、ダメシャンプーの匂いがする内容ですが、
ペリセアをはじめ、わずかに潤滑性を持たせる成分がそのデメリットを誤魔化しています。
ただ、この値段を払ってまで使う価値があるものとは到底思えません。


[PR]

コルダジュール ソティーレシャンプー  の全成分:

水、ラウレス硫酸Na、DPG、ラウラミドプロピルベタイン、オレフィン(C14−16)スルホン酸Na、ラウレス−4酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、トレハロース、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム−10、PCA、PCA−Na、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、ココイルアルギニンエチルPCA、PCAイソステアリン酸PEG−40水添ヒマシ油、塩化Na、ラウロイルアスパラギン酸Na、EDTA−2Na、グリチルリチン酸2K、リンゴ酸、乳酸Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

主な成分の解説をみるラウレス硫酸Naは安価なシャンプーに高確率で採用される、高脱脂、高洗浄力、泡立ちの強い洗浄剤。ラウリル硫酸Naに酸化エチレンを付加し、浸透性を減らしたことで皮膚刺激を緩和している。
DPG(ジプロピレングリコール)はグリセリンに比べて粘度が低くさっぱりしていて使用感触がいい。溶剤としても働き、グラム陰性菌の抗菌作用を持つ。
高配合では刺激性を感じる。
ラウラミドプロピルベタインは強い泡立ちを与える両性界面活性剤で、洗浄剤の刺激緩和や粘度調整、コンディショニング効果を与えます。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ラウレス-4酢酸Naは酸性石けんと呼ばれる弱酸性でも泡立ち、洗浄できるタイプの洗浄剤。非常に肌にマイルドで、かつ洗浄力、泡立ちに優れるさっぱりタイプのアニオン界面活性剤。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
コカミドメチルMEAは花王が開発した非イオン界面活性剤ですが、DEAと比較しても泡立ちの即効性、持続性、泡量ともに優良な効果を示す増粘剤。
ベアトレハロースは2分子のグルコースが結合した非還元性の二糖。角質層の水分保持能を高める効果。
ジラウロイルグルタミン酸リシンNaは通称ペリセア。優れた浸透性でセラミドと同様の保湿機能と、髪にも浸透、補修、弾力向上、潤滑性向上、洗浄剤の刺激緩和、泡立ち安定など様々な改良効果を付与。
アルギニンは保湿、アルカリ剤として使われるアルカリ性のアミノ酸です。
アスパラギン酸は、アスパラガスの汁から発見されたアミノ酸という由来を持ち、保湿、皮膚機能の代謝を活性化する作用。
グリシンは保湿性が高く、様々な配合成分と相性が良いので多く登場するアミノ酸類です。
アラニンは保湿性が高く、肌がアルカリ性にならないようにする働きがあるアミノ酸で、角質バリヤを強化します。
セリンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、肌本来の保湿成分の1つ。絹のたんぱく質であるセリシンに多く含まれる保湿・保水・弾力性、柔軟性を与える効果。
プロリンは環状アミノ酸で、保湿、肌機能活性化、コラーゲンに多く含まれるアミノ酸です。
トレオニンはアミノ酸の一種で、保湿、肌機能の活性化を付与。
ヒスチジンは塩基性アミノ酸の一種。天然保湿因子(NMF)を構成している重要なアミノ酸です。
PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油は乳化、増粘、改質剤として使われます。また、香料や油性成分の可溶化剤としても用いられます。
ラウロイルアスパラギン酸Naはラウリン酸とアミノ酸であるアスパラギン酸のNa塩が結合した洗浄成分。起泡性に優れ、洗浄力・泡保持性、泡切れの良さが優れる低刺激性の高級洗浄剤。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
リンゴ酸はフマル酸、ブドウ糖から合成して作られ、角質柔軟、pH調整目的で配合。弱酸性へ傾ける力が強く、刺激に感じる場合も。

    コルダジュール ソティーレシャンプー  の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.3

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2

  • 容量/500ml
  • 価格/3240円
  • 1mlあたり/6.48円

コルダジュール ソティーレシャンプー  の宣伝文,商品説明:

こちらは、柔らかい髪用の「ソティーレ」です。
細く柔らかい髪で、ハリやコシがなく、ボリューム感が出にくい方へ。
油分やエモリエント成分など髪が重くなる原因になる成分の配合をできるだけ抑え、
水分としての保湿成分と髪内部のタンパク質の元となるアミノ酸を中心に配合。
サラサラとした根元から立ち上がる髪に仕上げます。

[PR]
コルダジュール ソティーレシャンプー  2017 (c)シャンプー解析ドットコム