シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
クリュサボン ヘアスキン シャンプー
(ガンパウダー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

クリュサボン ヘアスキン シャンプー

ガンパウダー


クリュサボン ヘアスキン シャンプー のオススメレベル

クリュサボン ヘアスキン シャンプー の解析結果

普通の石鹸シャンプーのベース


ココアンホ酢酸(両性界面活性剤)、グルタミン酸TEA,グルタミン酸K、グルタミン酸Na(アミノ酸系陰イオン界面活性剤)を配合。
石鹸特有の刺激はやや抑えられていますが、
全体としてアルカリ性であることが髪や肌へのセラミド溶出の懸念があります。
アミノ酸系といえ、わざわざ石鹸ベースのシャンプーを選ぶことに何のメリットがあるでしょうか。
アルカリ性域でないと界面活性剤として機能しない点や、石鹸カスの河川の富栄養化の懸念、石鹸カスの沈着による髪のツヤ消し、
これらのデメリットをなくす簡単な方法は、石鹸系を使わないことそのものと言えるからです。


[PR]

クリュサボン ヘアスキン シャンプー の全成分:

水、グリセリン、カリ石ケン素地、コカミド、DEA、ココアンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルグルタミン酸K、PCA‐Na、フェノキシエタノール、ココイルグルタミン酸Na、ポリクオタニウムー10、クラドシホンノバエカレドニアエエキス、カギイバラノリエキス、BG、ニモニウムゲルベリエキス、ハマナエキス、エタノール、紅藻エキス、香料 

主な成分の解説をみるグリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
カリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体はトンガ原産の天然モズクから得た高分子多糖体で、毛髪表面を潤いで包み洗浄時の刺激緩和、保湿効果を与えます。
カギイバラノリエキスは熱帯-亜熱帯地域の浅瀬に生育する紅藻の一種で、ツヤと潤いを与える効果を持ちます。

    クリュサボン ヘアスキン シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/500ml
  • 価格/2035円
  • 1mlあたり/4.07円

クリュサボン ヘアスキン シャンプー の宣伝文,商品説明:

「クリュサボン ヘアスキン シャンプー」は、こだわり抜いた石鹸と、自然の恵みを贅沢に浴びた良質な天然海藻成分配合による、
改良型ノンシリコン石鹸シャンプーです。
植物性界面活性剤だけの繊細な泡立ちによる毛穴の洗浄と頭皮の潤いは、整った頭皮環境とハリ・ツヤ・コシのある健やかな髪へと導きます。

[PR]
クリュサボン ヘアスキン シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム