シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
	ラ・アネリーブ シャンプー
(ナノビューティー
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラ・アネリーブ シャンプー

ナノビューティー


ラ・アネリーブ シャンプー のオススメレベル

ラ・アネリーブ シャンプー の解析結果

竹酢液が強い自己主張


可もなく不可もない洗浄剤はさておき、個性が非常に強い竹酢液の配合が目を引きます。
匂いもさることながら、色味も独特な黒。
シンプルな設計なだけに、全体のバランスが難しそうな構成です。


値段的にはお得感あるシャンプーですが、いかんせん中途半端。
洗浄力が弱いわけでも強いわけでも、丁度いいというわけでもなく、もやっとした使用感。
添加剤も役に立つようなレベルではなく、何か間の抜けた印象。
もう少し改良の余地があるように思えてならない。


[PR]

ラ・アネリーブ シャンプー の全成分:

水・ココイルメチルタウリンNa・コカミドDEA・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・BG・エタノール・ココアンホ酢酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・ポリクオタニウム-10・竹酢液・褐藻エキス・紅藻エキス・緑藻エキス・グリチルリチン酸2K・クエン酸・ラベンダー油

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはアミノ酸系洗浄剤で、酸性でも泡立ちがよくさっぱりとした仕上がりで、ベビーシャンプーにも使われる低刺激性が特徴。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
ココイルグルタミン酸TEAは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
竹酢液は竹から得られた原液を電解処理したもの。抗フケ、抗菌、毛細血管拡張による血行促進、免疫増強効果を付与。
褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高レベルでの含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ラベンダー油はシソ科の精油で、タンニン、リナロール、リモネンで構成されています。ハッカに似た芳香性を持ち、鎮痛・精神安定・殺菌効果を持つ。

    ラ・アネリーブ シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.4

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:3

  • 容量/1000ml
  • 価格/2016円
  • 1mlあたり/2.02円

ラ・アネリーブ シャンプー の宣伝文,商品説明:

髪と地肌の健康のために生まれたプロ仕様のシャンプーです。
指定成分を含まず、自然環境にやさしく自然由来成分の洗浄剤で髪と地肌に対して余分な汚れや皮脂だけをしっかり落とし、本来必要な油分を取りすぎません。

[PR]
ラ・アネリーブ シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム