シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35
(パシフィックプロダクツ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35

パシフィックプロダクツ


ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 のオススメレベル

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 の解析結果

粗い洗浄性、期待値は低い。


エキスの部分だけを見ればちょっとした化粧水のような効果が期待できそうですが、
洗浄剤はどちらかと言うと平凡で魅力なし。
粗く、さっぱりさっくり洗い落とす感じで、刺激性も少し心配。
これでは、添加成分に依らずおすすめできないのであります。


[PR]

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 の全成分:

水 オレフィン(C14−16)スルホン酸Na コカミドDEA ココイルアラニンTEA ココベタイン ココイルサルコシンTEA ココイルグルタミン酸TEA ヤシ脂肪酸TEA ココアンホ酢酸Na オタネニンジンエキス クララエキス センブリエキス ヒキオコシエキス ローヤルゼリーエキス ホホバ油 塩化Na カラメル クチナシ青 ポリクオタニウムー10 クエン酸 オレスー10リン酸 トコフェロール エタノール フェノキシエタノール エチルパラベン メチルパラベン プロピルパラベン 香料

主な成分の解説をみるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
ココイルアラニンTEAは、アミノ酸系洗浄剤の中でも特にマイルドな洗浄剤で、頭皮に刺激を全く与えることなく泡立ち、洗える成分。コンディショニング効果もあり、適度に洗浄力を持つタイプ。
ココベタインは両性界面活性剤で、幅広いpHで安定し、低刺激で増粘効果、泡立ち増強効果を与え、毛髪柔軟、帯電防止、湿潤効果を付与。
ココイルサルコシンTEAはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
ココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
コカミドDEA(コカミドジエタノールアミン)は非イオン界面活性剤。主に増粘効果を付与し、泡立ちを安定させる目的で配合。
ココアンホ酢酸Naは2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインという両性界面活性剤。
肌や髪に対して刺激や溶解性が少なく、ツヤ、柔軟性を与える。
オタネニンジン根エキスは育毛、血行促進、コラーゲン産生促進、免疫増強、抗アレルギー、抗炎症作用。
クララエキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、線維芽細胞増殖促進作用、肌バリヤ機能強化、CMC形成促進、抗菌、脱毛防止などを付与。
センブリエキスは抗酸化、コラーゲン産生促進、育毛作用を付与。
ヒキオコシエキスは抗酸化作用、メラニン生成を抑制、収斂作用、抗菌作用。
ローヤルゼリーエキスはコラーゲン、エラスチンの生成を促進するデセン酸や、保湿、ハリ、抗酸化作用を持つ栄養価の高い成分。
ホホバ油(ホホバ種子油)はメキシコ北部の乾燥地帯に自生しているカン木の種子から得た液体ロウ。他の植物油脂に比べ酸化しにくく、皮膚になじみさっぱりしている使用感。抗ニキビ、フケ作用も。
塩化Naはアニオン界面活性剤の増粘剤として添加されます。

    ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:1.5

  • 素材の品質:1.5
  • 安全性:1.5
  • 髪質改善効果:1.5
  • 頭皮環境改善 1.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/7.2円

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 の宣伝文,商品説明:

サロン専売品パシフィックプロダクツ 香りもこだわった独自のアロマブレンドのヘアケア「ラ・カスタ」 アミノ酸系と植物石鹸系の洗浄剤をベースにした肌にやさしい低刺激性の弱酸性シャンプーです。 各種ハーブエキスが地肌をやさしく保護しながらツヤとハリのある美しい髪に保ちます。 30代〜の方、細く衰えはじめた髪・ヘアカラー毛・ツヤとハリのない髪の方におすすめします。 配合エッセンシャルオイル(天然香料) ・ローズ ・ティートゥリー ・カモミル ・ゼラニウム ・ローズマリー

[PR]
ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ35 2017 (c)シャンプー解析ドットコム