シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー
(美健
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー

美健


ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー のオススメレベル

ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー の解析結果

マイルドタイプではあります。


マイルドな洗浄力で低刺激のココイルメチルタウリンNaにパーム核脂肪酸アミドDEAが泡立ちの安定化、次にやや刺激性を有するココイルサルコシンNa。
いずれもヤシ油、パーム油といった植物オイル由来ですが、植物由来でもサルコシンのように強力な脱脂力と刺激性を持つものもあることを忘れずに。
エキス類を注目すると有用な効果を沢山持っているように見えますが、シャンプーで一時的に付着しても、すぐに濯がれてしまう環境ではこれらの効果の恩恵をどれだけ受けられるかは差し引いて見るべきでしょう。
洗浄剤は一応マイルドなものを選んだ様子は見られますが、ココイルサルコシンNaの採用は幾分品質を落としているように見えます。
よくあるオーガニック系ではありますが、比較的マシな方の部類と見て良いと思います。
理想的でもオススメでもありませんが、方向性としてはまずまず良いと見ますので進化を期待。


[PR]

ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー の全成分:

水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドDEA、ココイルサルコシンNa、プロパンジオール、香料(精油)、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、フユボダイジュ花エキス、コカミドプロピルベタイン、PEG-40水添ヒマシ油、トコフェロール、ポリクオタニウム-10、クエン酸、塩化Na、安息香酸Na、オクトキシグリセリン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、BG

主な成分の解説をみるココイルメチルタウリンNaはヤシ油脂肪酸とN-メチルタウリンとのアミドのナトリウム塩。酸性でも硬水中でも泡立ちがよく、安全性に優れ汚れもよく落とすバランスの良い洗浄剤。
は植物由来の両性界面活性剤でカチオン、アニオンの、いずれもの性質を持っています。皮膚刺激が少ないことからベビー用シャンプーでも使用されています。
ココイルサルコシンTEAはアミノ酸系の中でトップクラスの刺激性と強洗浄力。
プロパンジオールはデンプンを発酵して得たグリコールの一種で、高い抗菌性、良好な保湿性、毛髪にはしっとり感、潤滑性、軽いタッチを与えます。
ローマカミツレエキスはキク科ローマカミツレより抽出、抗炎症効果に優れ、肌荒れ防止、育毛、抗菌、抗フケ、カユミ防止目的で使われる。
トウキンセンカ花エキスは金盞花というオレンジ色の花のエキスで、抗菌、整肌、抗炎症、清浄作用を与えるカロチノイド,サポニン,フラボノイドを含有します。
ヤグルマギクエキスはヒアルロン酸産生促進作用、女性ホルモン様作用、育毛作用、抗炎症作用、収れん作用。
フユボダイジュ花エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制、育毛、発汗作用、収れん作用、メラニン生成を抑制。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
PEG-40水添ヒマシ油は非イオン界面活性剤で、乳化、増粘、改質剤として使われます。また、香料や油性成分の可溶化剤としても用いられます。
トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。

    ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.7

  • 素材の品質:2.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:2.5
  • 頭皮環境改善 3
  • 費用対効果:2.5

  • 容量/290ml
  • 価格/1944円
  • 1mlあたり/6.7円

ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー の宣伝文,商品説明:

オーガニックエッセンシャルオイル(ラベンダー)の香りと植物由来成分を配合したケアシリーズです。
アミノ酸系・ノンシリコン処方で髪にも優しい使い心地
6種類の植物美容エキス配合

[PR]
ラ・フルール ヘアシャンプー ラベンダー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム