シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ
(松山油脂
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ

松山油脂


リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ のオススメレベル

リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ の解析結果

アルカリ石けんベースのシャンプーです。


ここにグルタミン酸系を加えてしっとり感をプラスしています。
エタノール、グリセリンと続き、ラウリルグルコシドは洗浄剤の刺激から肌を守る役目があります。
タウリン系、グルタミン酸系洗浄剤が配合。
ややマイルドよりを狙っている。
一般的な石けんシャンプーに比べれば、やや気が利いてるというか緩和な作用が特徴だ。
ただ、マイルドとは言い切れない部分がベースのカリ石鹸。
髪にはもちろんマイナス、頭皮の弱い人にもあえておすすめできないアルカリ作用がある。
健常な肌の持ち主ならばあまり不都合は感じないと思われる。


[PR]

リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ の全成分:

水、カリ石ケン素地、ココイルグルタミン酸2Na、エタノール、グリセリン、ラウリルグルコシド、ココイルタウリンNa、ココイルグルタミン酸Na、グルコン酸Na、グレープフルーツ果皮油、ビワ葉エキス、ポリクオタニウム-10、トコフェロール、1.2-へキサンジオー

主な成分の解説をみるカリ石けん素地は単純な脂肪酸とアルカリによる石けんで、アルカリ性でなければ作用せず、そのアルカリ性であることが肌の保湿成分を溶出させる原因となります。
ココイルグルタミン酸2Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
グリセリンは界面活性剤の刺激を抑えたり、やや持続する保湿効果、肌弾力アップ、肌の代謝促進効果を持ちます。3つある水酸基に水分子がつくことで保湿効果を発揮。安価でしっとりした素材。
ココイルグルタミン酸Naは皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、泡質を改良したりしっとり感を与える効果も。
グレープフルーツ果皮油はリラックス効果、食欲を抑制する効果などを持つ芳香性の精油です。
ビワ葉エキスは抗酸化作用、コラーゲン産生促進、メラニン生成を抑制、収れん作用、抗菌、抗炎症作用。
トコフェロールはビタミンE。抗酸化作用、酸化防止剤として配合。
1,2-ヘキサンジオールは保湿性があり、、抗菌性が極めて優れている防腐剤の多価アルコール。

    リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.1

  • 素材の品質:2
  • 安全性:2.5
  • 髪質改善効果:2
  • 頭皮環境改善 2.5
  • 費用対効果:1.5

  • 容量/300ml
  • 価格/1080円
  • 1mlあたり/3.6円

リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ の宣伝文,商品説明:

リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ」は、植物性オイルでつくった石けんとアミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプーです。
たっぷりと泡立ち、指どおりはなめらか。
うるおいを守りながら、髪と地肌をすっきりと洗い上げ、清潔に保ちます。
グレープフルーツの果皮から圧縮法で丁寧に抽出したエッセンシャルオイルの香り。

[PR]
リーフ&ボタニクス シャンプーGL グレープフルーツ 2017 (c)シャンプー解析ドットコム