シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
lipps L11シャンプー
(美容室リップス
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

lipps L11シャンプー

美容室リップス


lipps L11シャンプー のオススメレベル

lipps L11シャンプー の解析結果

アミノ酸系+非イオン系洗浄剤で超マイルド


ベビーシャンプーレベルの極めて穏やかな洗浄性を持つ一品。
それ以外の要素は保湿剤や抗菌性のエキス程度ですから、ベビーシャンプーと言っても過言でないほど、優しく洗うために存在する製品となるでしょう。


標準的な低刺激製品よりも


アミノ酸系ベースというだけでマイルドではありますが、非イオン界面活性剤の存在でさらに肌への作用がマイルドに。
オレンジ油の配合もありますので、脱脂力はちょうどよい程度に確保されていますが、洗った感じはいかにもマイルド感、というタッチでしょう。


[PR]

lipps L11シャンプー の全成分:

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ラウリン酸ポリグリセリル-2カプリル酸グリセリル、1,2-ヘキサンジオール、ペンチレングリコール、オレンジ油、トレハロース、ローズマリー葉エキス、グリチルリチン酸2K、ベタイン、クエン酸、ポリクオタニウム-10、チャ葉エキス、BG、塩化Na、サリチル酸、カラメル、ユーカリ葉油

主な成分の解説をみるラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系洗浄剤ですが、洗浄力はわりと高くコンディショニング効果を与え低刺激で酸性OKなバランスの良い素材。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ラウリン酸ポリグリセリル-10はマイルドな乳化剤で、肌刺激の心配はほとんどなく、グリセリンのしっとり感が少し感触を残します。
オレンジ油はリモネンを主成分とする心地よい香りがリラックス効果を与えます。疲れや緊張をほぐし、保湿・皮膚の活性化、清浄作用を持つ精油です。
ローズマリー葉エキスは抗酸化作用、皮脂の抑制作用、メラニン生成を抑制、収斂、血行促進作用。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。著しい皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用も与えます。
ベタインはトリメチルグリシンというアミノ酸系保湿成分。浸透性に優れる保湿性を付与。
チャ葉エキスは抗酸化作用に優れ、過剰な皮脂の抑制、抗アレルギー作用、抗菌、抗炎症、脂肪分解作用などを付与。

    lipps L11シャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:3.3

  • 素材の品質:3.5
  • 安全性:3
  • 髪質改善効果:3
  • 頭皮環境改善 3.5
  • 費用対効果:3.5

  • 容量/300ml
  • 価格/2160円
  • 1mlあたり/7.2円

lipps L11シャンプー の宣伝文,商品説明:

毎日のシャンプーでもっと手軽に、スタイリングしやすい理想の髪に近づきたい、という多くのお客様の声から生まれた、 美容室LIPPSのシャンプーです。
アミノ酸系洗浄成分を使用し、ホイップクリームのようなきめ細かい泡ですっきりと優しく洗いあげます。

[PR]
lipps L11シャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム