シャンプー解析ドットコム

シャンプー解析ドットコム
ロレッタ デビルブラックシャンプー
(モルトベーネ
) シャンプー解析ドットコム
[PR]

ロレッタ デビルブラックシャンプー

モルトベーネ


ロレッタ デビルブラックシャンプー のオススメレベル

ロレッタ デビルブラックシャンプー の解析結果

デビルというほど悪い印象はなし


ネーミングから推測されるような中身ではなく、どちらかと言えばマイルド感すら先行しそうな処方である。

泥系のスクラブ成分を主体として、ベースはアミノ酸型と泡立ちのためのオレフィン(C14-16)スルホン酸Na。
可もなく不可もないベーシックな印象だが、泥素材、それにスカルプケアエキスの選定はまずまず気が利いている。


全体の印象として、比較的マイルドに汚れや皮脂を吸着除去できて、かつ使用感もさっぱりしながら髪のうるおい感を感じさせる、
バランスのとれた処方とみていいでしょう。

どの要素も一流のレベルではないものの、それなりに汚れ落とし用としては活躍できるクオリティである。


[PR]

ロレッタ デビルブラックシャンプー の全成分:

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ジステアリン酸グリコール、炭、イライト、海シルト、シア脂グリセレス-8エステルズ、ティーツリー葉油、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、チョウジエキス、シャクヤク根エキス、チャ葉エキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、ドクダミエキス、PPG-14ポリグリセリル-2エーテル、ジステアリン酸PEG-150、ヒドロキシプロピルグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタリウム-10、セテアレス-60ミリスチルグリコール、塩化Na、酸化鉄、EDTA-2Na、クエン酸Na、クエン酸、BG、エタノール、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

主な成分の解説をみるココイルグルタミン酸TEA皮膚、粘膜刺激が低く、コンディショニング効果を持ち、しっとりと上品な感触が特徴のマイルド洗浄剤。泡立ちが弱い。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Naラウレス硫酸Na同様の強い脱脂力を持つ洗浄剤。浸透性は少なく皮膚刺激性は高くなく、起泡性が非常に高い特徴。脱脂しすぎに繋がる懸念も。
コカミドプロピルベタイン(両性界面活性剤)が刺激緩和、粘度調整。
ジステアリン酸グリコールはシャンプー用パール化剤。真珠に似た結晶を形成し、パール調光沢を与える。
イライトは粘土鉱物の一種で、クレイ系の中で最も吸収性、吸着性が強い結晶構造の微細成分。
は多孔質の特徴を活かし、汚れ、皮脂を吸着して除去する効果、脱臭作用を与える無刺激成分。
海シルトは5ミクロン以下の細かい微細粒子からなる粘度で、吸着性によって過剰な脂質、たんぱく質、汚れを除去。
シア脂グリセレス-8エステルズはシアバターのエモリエントな感触を残したまま水溶化した油性成分。高い潤滑性、しっとり感を与えながら乳化作用を持つ。
ティーツリー葉油はオーストラリア原住民の間で消毒剤として使われていた殺菌作用を持つ精油で、肌を清潔に保ち、すっきりとした芳香性を持つ。
シャクヤク根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。
オトギリソウエキスは抗酸化作用、ヒアルロン酸産生促進、皮脂の抑制、メラニン生成を抑制、収斂作用。

    ロレッタ デビルブラックシャンプー の採点

    ※最高5点・最低1点・3点が中間基準点
  • 総合評価:2.8

  • 素材の品質:2.7
  • 安全性:2.9
  • 髪質改善効果:2.4
  • 頭皮環境改善 3.4
  • 費用対効果:2.6

  • 容量/330ml
  • 価格/2190円
  • 1mlあたり/6.64円

ロレッタ デビルブラックシャンプー の宣伝文,商品説明:

炭&海泥入りの、黒くてトロリとした、ノンシリコンシャンプー
●汗や余分な皮脂などの頭皮の汚れを落とし、地肌からしっかり洗えます。
●マイルドで保湿性のある洗浄成分(シアバター界面活性剤)が、頭皮をやさしくケア。
●さわやかなハーブの香りで嫌なニオイを抑え、植物エキスの保湿効果で頭皮環境も整えます。
●頭皮のベタつきやニオイが気になるという方にオススメ。

[PR]
ロレッタ デビルブラックシャンプー 2017 (c)シャンプー解析ドットコム